MENU

エギング対応レッグバッグおすすめ8選!太もも収納の利点!

エギングはアオリイカをメインターゲットにする、老若男女を問わず大人気の釣りです。

装備も軽めで気軽に出来ることから、初心者に対してのハードルも高くありません。

気軽に出来るエギングをもっと楽しむには、携行性や機能性に優れたレッグバッグがおすすめです。

今回はエギングに向いているおすすめレッグバッグを紹介していきます。

太ももにフィットして使いやすいので、是非お気に入りのモデルを選んでみて下さい。

タップできる目次

レッグバッグとは?

レッグバッグは腰から下に装着する釣り用のバッグで、特にエギングでよく使われています。

腰と太ももにベルトで固定することで、安定感とホールド感が増し機能性は申し分ありません。

別名ではランガンバッグと呼ばれることもあり、ランガンスタイルが一般的なエギングに向いています。

エギや小物を出し入れいやすく、パンツのポケットが増えた感覚で違和感なく使える優れものです。

初心者には馴染みが薄いですが、ランガンするなら検討しておきたいアイテムですね。

エギングにレッグバッグはダサい?おしゃれ?

レッグバッグは機能性や収納性に優れたバッグですが、装着位置やスタイルに抵抗を持つアングラーも存在します。

西部劇のガンマンが装着するガンホルスターのイメージがピッタリで、ダサいかおしゃれかは個々の感覚次第と言えるかもしれません。

最近はデザイン性の優れたレッグバッグがリリースされているので、ウェアに合わせることでおしゃれ感を演出することもできます。

エギング用バッグとして機能面で優れているので、せっかく使うならおしゃれに使いたいですね。

エギングでレッグバッグを使うメリット・デメリット

メリット

腰と太ももに固定するレッグバッグは、上半身をフリーにすることができるので、エギングにはとても効果的です。

中でもランガンスタイルに最適で、ルアーや小物を出し入れする機能性に優れています。

レッグバッグは腰と太ももにしっかり固定されているため、移動中でもホールド感がありずり落ちることがありません。

また釣り場だけでなく普段使いできることも、レッグバッグのメリットの一つです。

レッグポーチとしてタウンユースに使えば、更におしゃれ感が増します。

デメリット

レッグバッグのデメリットの一つに、店頭で見かけないことが挙げられます。

ヒップバッグやショルダーバッグに比べて、店頭に商品が並んでいないことがとても残念です。

実際に商品を確かめてから購入したい人は、後から違っていたと思わないように、入念に事前チェックしなくてはいけません。

またレッグバッグは、腰かけて釣りをする時には、ほとんど機能を果たさなくなります。

エギングやライトゲームのランガンスタイルなど、限られたスタイルでのみ効果を発揮するアイテムです。

エギングに適したレッグバッグの選び方

機能性

エギングでレッグバッグを使うなら、機能性に優れたモデルを選ぶことが大切です。

レッグバッグは右足用と左足用がそれぞれ専用モデルとしてあるので、どちらの足に装着するのか決めなくてはいけません。

一般的には、ロッドを持つ手と反対側の足にレッグバッグを装着します。

エギングではエギの交換を効率良くする必要があり、エギを機能的に収納できるモデルを選ぶのがおすすめです。

全体的にはどの商品も似通った仕上がりなので、細かい機能をしっかりチェックしておきたいですね。

防水性

エギングに使用するレッグバッグは、雨や水しぶきに強く防水効果の高いモデルがおすすめです。

財布などの濡れてほしくないアイテムを収納することも多く、突然の雨にも対応できる防水性能は欠かせません。

また下半身は波打ち際に最も近いので、当然しぶきにも対応する必要があります。

テトラ帯や磯をランガンする時は、タックル全体の防水性を高めることが重要です。

収納力

エギングは軽装備のライトゲームですが、エギやスナップなどの小物を収納する必要があります。

エギンガーの中には、釣り場にエギを数十個と持っていくことも少なくありません。

そこまでの数は求めないまでも、ある程度エギを収納できるモデルを選ぶことが重要になってきます。

すぐ使うエギを引っ掛けておけるレッグバッグもあるので、エギの収納力に着目してモデル選びをしたいですね。

エギング対応レッグバッグおすすめ8選

【DRESS】タクティカルレッグバッグ エアボーン

陸っぱり最強モデルとの評価もある、携行性と機能性を併せ持つ人気のレッグバッグです。

米軍の装備を参考に開発された装着システムは、移動時の邪魔や無駄を省き快適性も実現しました。

エギをケースに入れたまま収納できる大容量のポケットがあり、開口部が広いので出し入れも非常に楽です。

ロッドホルダー付きで、移動時は両手をフリーな状態にできます。

【シマノ】ランガンレッグバッグL/R(WB-022R)

シャクリや膝つき動作の邪魔にならない設計で、シンプルながらも機能的なレッグバッグです。

小物やエギを分けて効率よく収納できるように、大小4ヶ所のポケットが装備されています。

ポリエステル素材を使用しているので、撥水性や防水性も問題ありません。

ツールを取り付けるループが3ヶ所付いており、エギ交換なども効率よく作業できます。

【KUSHITANI】レッグバッグ(K-3588)

主にツーリング用として使われるレッグバッグですが、エギングにも適したモデルです。

PVCコーティングされたナイロン素材を使うことで、撥水や防水効果を高めました。

シンプルな構造のバッグですが、ユーティリティポケットを配置して収納力を確保しています。

体との接地面はメッシュなので、汗で蒸れることもなく快適に使えるおすすめ商品です。

【ブリーデン】モモバッグ

ランガンに便利な機能が満載のおすすめレッグバッグで、リーズナブルに購入できる人気モデルです。

全5色から選ぶことができ、レッグポーチとして普段使いをしてもおしゃれに決めることができます。

エギケースWが収納できるだけでなく、スマホや財布等の収納力も見逃せません。

腰と太ももをしっかり固定するため、ホールド感も抜群です。

【キャットハンド】多機能タクティカルレッグポーチ

釣りだけでなくタウンユースでも使える、使い勝手の良い機能面に優れたレッグポーチです。

ポケットが5か所付いているので、エギや小物を分けて収納することができます。

アウトドア全般を想定して開発された商品なので、防水面でも問題ありません。

デニムとの相性が良いカラーもラインナップされているので、おしゃれに決めるアイテムとしてもおすすめです。

【ダイワ】エメラルダス タクティカルサイバッグ(B)

エギの交換をスムーズにしたいエギンガーの要望から生まれたモデルで、抜群の機能性を備えたレッグバッグです。

エメラルダスブランドであることが、エギングに最適であることを物語っています。

Lサイズのエギホルダーがすっぽり収まる収納力は、他モデルの比ではありません。

撥水加工されたナイロン生地が、雨やしぶきから中身を守ってくれます。

【BENYUE】釣り用レッグポーチ

リーズナブルな価格が魅力のレッグポーチで、短時間エギングにおすすめのモデルです。

長めのロッドホルダーが装備されており、両手もフリーにしてのポイント移動ができます。

開口部が開いたままですが、腰と太ももでしっかり固定するので、中身が落ちることはありません。

エギを数個持って、少しだけエギングする時にあれば重宝するレッグバッグですね。

【ラパラ】アーバンヒップバッグ

名前はヒップバッグですが、腰と太ももで固定するホルスター仕様のレッグバッグです。

ランガンメインのエギングに最適で、メッシュ構造のロッドホルダーが目を惹きます。

使っていない時は小物を入れることができ、また他のポケットも収納力に全く問題はありません。

釣りだけでなくアウトドア全般で使えるので、アングラー以外からも人気のモデルです。

まとめ

初心者から経験者まで、エギングをするならレッグバッグがおすすめのアイテムです。

ランガンスタイルに最適で、機能性やデザイン性に優れたモデルが多くリリースされています。

使い勝手の良いレッグバッグで、エギングを堪能して下さい。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる