コスパ良し!ナマズ釣り用ベイト&スピニングリールおすすめ8選!安いダイワやアブガルシア、シマノのリールを紹介!

ナマズ釣りにおいて、釣り上げるための1つのポイントになるのがリールです。

扱いやすく安い物が多いスピニングリール、ナマズと相性がいいベイトリールがありますが、どのように選べばいいのでしょうか。

そこで今回は、ナマズ釣り用におすすめで、コスパのいいリールに焦点を当てて、選び方やおすすめモデルを紹介します。

ナマズ釣り用ベイト&スピニングリールの選び方

ナマズ釣りは、タックルを選ばないターゲットとしても人気です。

もちろんお手持ちのリールで楽しむのもいいですが、やはりナマズ釣り用に用意したものがベストでしょう。

まずはナマズ釣り用のリールはどのようなものが適しているか、選び方のポイントを解説します。

ドラグ力が十分にあるもの

ターゲットになるマナマズ(ニホンナマズ)は70㎝以上になる大型の魚で、ヒットしたときのインパクトも大きいです。

このため、リールのドラグ力が十分でないと、ナマズとのファイトには勝てません。

最低でも5㎏以上のドラグ力があるリールを選びましょう。

ドラグ力を重視すると、スピニングリールよりもベイトリールの方が選択肢は多くなります。

太目のラインが十分に巻けるもの

ナマズを釣るときは、強い引きに耐える太いラインを使用します。

また、ナマズの生息地である小川や沼では、根掛かりも頻繁に起こるので、根掛かりに負けない強いラインを使用するのが理想的です。

最低でもナイロン14lb以上、理想を言えば20lbのラインを、100m程度巻ける余裕があると安心でしょう。

巻き付けのパワーがあるもの

引きが強く、魚体の重さもあるナマズ釣りでは、ラインを巻き取るパワーも重要になります。

リールにはギアの組み合わせによって、巻き付けが速いハイギア、パワーがあるローギアなどがあるので、ギア比の選択肢も重要です。

構造上、ベイトリールはハイギアでも巻きやすいですが、スピニングリールのローギアでも十分ナマズ釣りに使用できるでしょう。

ダイワのナマズ釣り用リールおすすめ2選

ここからは、メーカー別にナマズ釣り用におすすめのリールをピックアップしてご紹介します。

単に価格が安いだけでなく、価格と性能を見合わせた高コスパなモデルをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

まずは性能はもちろんデザインにも定評があるダイワから、コスパが良くカッコいいナマズ釣り向きのリールをご紹介します。

【Daiwa】18 レガリス LT(LT3000D-C)

ダイワのリールを選ぶなら、18 レガリスは無視できない存在でしょう。

エアローターシステムで快調に回り、ABSスプールでキャスティングも気持ちよく、メカニカルなルックスと、3拍子揃ったリールと言えます。

耐久性の高いタフデジギア採用で、強度にも安心感もあります。

ナマズ釣り用スピニングリールの基準になるスペックを持っているので、ナマズ釣りデビューにぴったりなリールと言えるでしょう。

【Daiwa】19 バスX(80SH)

コスト重視でベイトリールを選ぶなら、19 バスXもおすすめのモデルです。

コンパクトながら、しっかりした作りで剛性感もあり、ベイトリールの魅力を十分に有しています。

細かな軽量化で重量も200gを切り、ブッシュの濃いフィールドでの繊細なキャスティングにも向いているでしょう。

ハイギアですがベイトリールなので巻き付けやすいですし、食い気盛んなナマズに対して、速めのアピールができるメリットもあります。

シマノのナマズ釣り用リールおすすめ2選

シマノは、近年特に低価格モデルのラインナップが充実していると評判のメーカーです。

もちろんその中にはナマズ釣り向きのモデルもあるので、注目の2機種をピックアップしてご紹介します。

【SHIMANO】17 サハラ(4000)

シマノの低価格なスピニングリールの中でも、ベテランからの評価も高い人気モデルです。

17 サハラだけで12種類のラインナップがあるこだわり様で、中でも4000はナマズ釣りにも十分なスペックを有しています。

強固なフレームによる剛性感と、ギア比4.3のローギアで、スピニングリールの非力さを感じさせないセッティングでしょう。

低価格ながらシマノらしいスムーズなリーリングを体感できる、本格派の一品です。

【SHIMANO】バスワンXT 150

初めてのベイトリール選びなら、バスワンは初心者注目のモデルでしょう。

シマノの低価格ベイトリールには、もう一つの人気モデルにバスライズがありますが、あえてバスワンXTを選んだのはブレーキ性能に分があるからです。

バスライズはシマノの誇る遠心ブレーキシステム「SVS」を採用し、ベイトリールのネックになるバックラッシュを軽減します。

ややバスライズより高いですが、バスワンXTはむしろ初心者にこそ選んでほしいベイトリールと言えます。

アブガルシアのナマズ釣り用リールおすすめ2選

ルアーフィッシングにおいて、アブガルシアのタックルは無視できない存在です。

筆者も愛するアブガルシアの魅力的なラインナップから、ナマジングにおすすめの必見モデルをご紹介します。

【Abu Garcia】Ambassadeur S (AMBS-5500)

筆者が初めて手にしたアブガルシアのリールで、ナマジングに最も使用していたリールでもあります。

非常に剛性感のある作りで、ナマズとのやり取りでも安心感があります。

アンバサダーシリーズから継承したクラシカルなデザインで、内部構造もシンプルなので、初心者の方も安心してメンテナンスできるでしょう。

最新のリールに比べると武骨な使い心地ではありますが、ベイトリールの基本を教えてくれるリールとも言えます。

【Abu Garcia】プロマックス(PMAX3)

せっかく新しくリールを買うなら、より性能を重視したいという方必見のモデルです。

同価格帯のベイトリールと比較してもリーリングの感触が良く、まさに滑らかという表現がしっくり来ます。

スプールの回転も良いので、軽めのルアーも選択肢に入れて、様々なアプローチができるのも大きなメリットでしょう。

ロッドとのフィット感もよく、パーミングしたときの握り心地の良さも魅力の一つです。

最初の一つとしてはもちろん、入門機からの買い替えにもおすすめのモデルです。

安いナマズ釣り用リールおすすめ2選

最近は有名メーカーのみならず、新興メーカーの発展にも目を見張るものがあります。

コスパが良いのはもちろん、性能もあなどれない注目モデルをご紹介します。

【KastKing】Spartacus Plus

KastKing(カストキング)はアメリカに本拠地を置くメーカーで、近年日本でも高いコスパから人気を集めています。

Spartacus Plusも、国内メーカーの同価格帯の商品に遜色のない作りで、高いコスパが魅力です。

遠心ブレーキとマグネットブレーキを搭載しているので、細かなブレーキセッティングができるので、ナマズ釣りにも使いやすいでしょう。

この価格帯のリールとしては、十分な性能を有している注目モデルです。

【Piscifun】CarbonX 3000

新興メーカーの中で、特に高い評価を得ているのがPiscifun(ピシファン)です。

高コスパ高品質なリールを多数展開していますが、特に筆者が気に入っていたのがCarbonXです。

性能も安定していて、簡単なメンテナンスでより滑らかになったので、お値段以上の好印象を持ちました。

低価格リールは国内メーカーでもデザインが安っぽくなりますが、CarbonXは価格以上のルックスです。

安くても、性能だけでなくデザインにもこだわりたいという方必見のモデルでしょう。

まとめ

ナマズは身近なターゲットでありながら、パワフルなゲームフィッシュでもあります。

タックルのなかでもリールにこだわれば、大型ナマズとのパワフルなファイトを制しやすくなるでしょう。

今回紹介したように、性能とコスパを両立したリールも増えているので、最適なリールを選んでナマズ釣りを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました