MENU

エギング用タックルボックスおすすめ8選!中身は何を入れる?

最小限の装備でも手軽に楽しめるエギングは熟練者の方はもちろん、初心者の方も気軽に始めやすいルアーフィッシングです。

それでもタックルの他にエギやプライヤーなど意外と小物が必要な点もルアーフィッシングならではといえるでしょう。

そこでルアーフィッシングでも重宝するタックルボックスを使うことで、エギングもより快適に楽しめるといっても過言ではありません。

ただ、初心者の方はどういったタックルボックスを選べばよいか、また中身はどんなものを入れればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回はおすすめのエギング用タックルボックスをピックアップするとともに、メリットや選び方についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

タップできる目次

エギングでタックルボックスを使うメリット

エギングは船から狙うボートエギングやティップランエギングなどのオフショアエギングと、陸っぱりからイカを狙うショアエギングの2つに分けられます。

どちらの場合でもタックルボックスを使うことで持ち運びやすさや収納力の面でもメリットがあるといえるでしょう。

また、エギングに使用するエギは上地と下地でカラーも異なり種類も非常に多くなりやすく、カラーバリエーションを多く持っている方が単純に釣果にも差が出るといっても過言ではありません。

そのため、エギの量も多くなりがちでバックなどでは管理しきれない場合もありますが、タックルボックスならばきちんと整理整頓ができ、取り出す際にも簡単に探せるためストレスなくエギングに集中できるといった点もメリットとして挙げられます。

エギングに適したタックルボックスの選び方

あらゆるフィッシングシーンで便利に使用できるタックルボックスですが、エギングを行う上でも適したモデルがあります。

エギングに最適なタックルボックスを選ぶことで、より快適にエギングを楽しめる上に釣果も伸ばせるといって間違いありません。

素材(ハードタイプ/ソフトタイプ)

タックルボックスにはプラスチック素材で出来た耐久性や強度も高いハードケースタイプとソフト素材で出来た軽量で持ち運びもしやすいソフトケースタイプのものに分かれます。

どちらも使い勝手がよいものですが、自分の用途に合わせたタックルボックスを選ぶことでより快適にエギングを楽しめるといっても過言ではありません。

ハードケースタイプは耐久性もあり中のものをしっかり保護できる点や、ものによっては椅子代わりに使えるほどの堅牢性があるものもあります。

ソフトケースタイプは軽く持ち運びがしやすい点はもちろん、内容量も多少融通が効く点や使わない場合は畳んでコンパクトに収納しておける点などがメリットです。

サイズ(大きさ・収納力)

エギングで使用するタックルボックスはサイズも使用する状況や釣行に向かうフィールドによって大きく分かれます。

船などからエギングを行うオフショアでは道具以外にもレインウェアやタオルなど船の上で必要なものも何かと多くなるため、大容量な大きいサイズのものが選ばれやすいです。

逆に陸っぱりでポイントをランガンしていく場合などでは機動力を重視して、コンパクトで持ち運びやすいサイズを選ぶ場合が多いでしょう。

また、エギのみをきれいに収納して取り出しやすくしたい場合などは専用のタックルボックスを使用しバッグに入れておくなどをすると地合いのようなスピーディーさが要求される状況下でも素早く望みのエギを選びだすことができます。

機能性(ロッドホルダー等)

タックルボックスは収納性や携帯性以外にもオプションパーツや独自のカスタマイズで自分好みに仕上げていける点もメリットといって間違いありません。

ハードケースタイプはロッドホルダーや小物入れなどを装着することで機能性を上げることもでき、上級者向けではあるものの簡単な自作のカスタマイズを楽しめる拡張性の高さも魅力といえるでしょう。

熟練者の方はいろいろなパーツを使用することで自分だけのオリジナル性の高いタックルボックスに仕上げている方も少なくありません。

使いやすくなるだけでなく、自由にカスタマイズしたタックルボックスはそれだけでもオンリーワンな魅力を秘めているといえます。

エギング用タックルボックスおすすめ8選

ここからはおすすめのエギング用タックルボックスをご紹介していきます。

コンパクトで持ち運びやすいものやエギング用品を一式収納できる大容量なモデルまで幅広くチョイスしてありますので、選ぶ上での参考にしていただければ幸いです。

【メイホウ】VS-7080N

メイホウからリリースされている絶妙なサイズ感と容量でバランスがいいランガンにも適したタックルボックスです。

コンパクトながら耐久性も高く、椅子代わりにも使用できる堅牢性が魅力となっています。

オプションパーツも豊富で初心者の方でも手軽に自分好みにカスタマイズできる点も魅力といって間違いありません。

エギングにも最適な容量と持ち運びやすいサイズでランガンにも非常にマッチした汎用性の高いタックルボックスといえるでしょう。

【マズメ】バッカンⅡ MZBK-345

マズメからリリースされているロッドホルダーやルアーラックも標準装備されたソフトケースタイプのタックルボックスです。

エギングロッドもしっかりと立てられるロッドホルダーが2箇所付いており、ルアーラックも付いているため、小物を管理しやすくなっています。

収納力も大容量でエギング用品のみならず、他のものもひとまとめに入れられる余裕あるスペースも使い勝手抜群といえるでしょう。

デザイン性も高くオシャレなアングラーも納得のモデルといえます。

【ダイワ】タックルボックス TB 3000

ダイワからリリースされている拡張性と機能性も十分なハードケースタイプのタックルボックスです。

小物などを管理しやすいトレー付きで上蓋をトレースタンドとしても使用できるなど単体でも使いやすい機能性があります。

オプションパーツも充実しており、ロッドホルダーはもちろんプライヤーやイカ〆ピックなども入れられるケースなどを付属させることも可能です。

椅子代わりにもなる強度も抜群な使い勝手のよいタックルボックスといえるでしょう。

【プラノ】4段ラック式タックルボックス 1354‐30

プラノからリリースされているエギや細かな道具を仕分けしてすっきり収納できるハードタイプのタックルボックスです。

オープンにフリースペースとして使いやすい上段と細かく仕分けできる4ラックが付いた持ち運びもしやすいベースともなるモデルとなっています。

エギをサイズ別に分けるもよし、デイとナイト用にカラーで分けるもよしといった整理整頓が捗り、収納力にも長けたタックルボックスといって間違いありません。

【ドレス】オリジナル バッカンミニ+PLUS

ドレスからリリースされている機動力と高い収納量を兼ね備えたランガンにも最適なソフトケースタイプのタックルボックスです。

ロッドホルダーが2箇所標準装備されており、その他にも専用のケースなどが最初から付属しているため、必要十分な機能性も初心者の方におすすめなモデルといえます。

ソフトタイプで軽量なため、持ち運びもしやすくポイントを回っていくランガンもストレスなく可能となっている点も見逃せません。

【リングスター】ドカットD-4500

リングスターからリリースされているシンプルながら非常に使いやすいハードタイプのタックルボックスです。

多くの釣り人も使用している人気のモデルで、特にオフショアのエギングではエギング用品はもちろん、レインウエアや軽食なども一緒にまるごと入れられる大容量と自由度の高さが手軽で人気となっています。

椅子代わりにもなる頑丈さとシンプルでメンテナンスもしやすい点も使いやすいポイントのひとつといって間違いないでしょう。

【ダイワ】タックルボックス TB4000

ダイワからリリースされているより大容量さをアップさせた収納力重視のハードタイプのタックルボックスです。

より収納性を高めたサイズで特にボートエギングやティップランエギングなどのオフショアゲームで使いやすいモデルとなっています。

専用のオプションパーツで充実した拡張性も魅力となっており、初心者の方でも手軽に使いやすくしていける点もおすすめといって間違いなしです。

【メイホウ】VS-7070

メイホウからリリースされているショアでもオフショアでもバーサタイルに使用できるバランスの良いハードタイプのタックルボックスです。

絶妙なサイズ感で容量と携帯性のバランスも高く、メイホウ独自の魅力的で豊富なオプションパーツによって、より一層機能性を高めることも可能となっています。

椅子代わりにもなる堅牢性はもちろん、ベースとしても使いやすい容量と機能性はあらゆるエギングシーンにおいても快適さをもたらせてくれる逸品といっても過言ではありません。

まとめ

独特のアタリと引きでゲーム性としても楽しめて、釣って食べても美味しいイカを狙ったエギングは非常に人気もあるルアーフィッシングといえます。

タックルボックスを使うことでエギングをより一層快適に楽しめるといっても過言ではないでしょう。

ぜひ、この機会にエギングに最適なタックルボックスを手に入れて、よりエギングを堪能してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる