ボートシーバス用ベイトロッドおすすめ8選!長さや硬さなどの選び方を紹介!

近年、その取り回しとアキュラシー性能からボートシーバスの基本タックルの一つとなっているベイトロッド。

各メーカーから多数リリースされており、どれを選んだら良いか迷う事もあるかと思います。

ソルト用以外にも、淡水用のベイトロッドもボートシーバスに転用可能という事もあり、更に迷われているかも知れません。

今回はそんなボートシーバスフィッシングにおすすめのベイトロッドを「長さ」「硬さ」など選び方も踏まえて8選ご紹介しようと思います。

ボートシーバス用ベイトロッドの選び方

まずは基本的なボートシーバスフィッシングに使用するベイトロッドの選び方をご紹介します。

長さ

ボートシーバスフィッシングは船で乗り合いの釣り客との釣りになるため、あまり長いロッドを使用すると取り回しが悪い上に他の釣り客とのトラブルにもつながりかねません。

長さの目安としては「6〜7フィート」を目安に選ぶと使いやすくフリッピングなどでストラクチャーのキワを狙う際などに扱いやすくなります。

基本的に船で移動するので、遠投をするシーンは少なくてすみますので、長いロッドは必要ありません。

硬さ

最近のボートシーバスフィッシングでの使用ルアーを考慮するとバイブレーションなどを使用する時を踏まえて、およそ30g辺りまでのルアーが安定してキャスト出来る弾性の「M〜ML」辺りがおすすめです。

それ以上の重さを耐える水準のロッドでも使用可能ですが、高弾性過ぎるロッドは感度やフッキングの際の不利益を考えるとあまりおすすめ出来ません。

ベイトロッドをボートシーバスで使用するメリット

前述したようにボートシーバスフィッシングでは、ロングキャストをするシーンは沖に出てのオープンスペースへのキャストくらいしかありません。

それよりもサミングなどでルアーの飛距離を調節してストラクチャーのキワなどをタイトに攻められるベイトロッドの方が使い勝手が良いです。

また、ルアーをキャストしてから次のポイントを攻めるまでの手返しが早い為、釣果につながりやすくなります。

ボートシーバス用ベイトロッドおすすめ8選

それではボートシーバス用のおすすめベイトロッドをご紹介していきたいと思います。

【ダイワ】ソルティスト BS(66MLB)

ボートシーバス用ベイトロッドとしてダイワからリリースされているロッドです。

レギュラーテーパーなので、アンダーキャストで物陰を狙い撃ちするのにも長けた使い易いロッドになります。

価格帯も手頃で、ボートシーバスフィッシングをこれからベイトタックルで始めたい方におすすめしたい1本です。

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X(SBC-632ML-KR)

バスロットに定評のあるメーカーがリリースした、ボートシーバス用ベイトロッドです。

ショートロッドなので操作性が高く、普段なら狙いづらい位置にルアーを送り込むことが出来るので、穴撃ちなどに適しています。

8〜10cmのプラグやワームも使える為、攻めの幅が広いベイトロッドとして気軽に使用可能なロッドです。

【メジャークラフト】ザルツ(ZAT-60ML/B)

安価なショートロッドながら性能もボートシーバスに適しており、何よりバスロッドと並ぶ操作性の良さがウリのベイトロッドです。

ここまで短いロットともなればルアーの着水点を限定してキャストする事も可能になる為、穴撃ちやストラクチャーのキワなど思い通りの攻め方が可能になります。

ルアーも28gまで使用可能なので、バイブレーションなどもキャストする事が可能です。

【アブガルシア】クロスフィールド(XRFC-672MG)

基本的にはバス用のベイトロッドですが、十分にボートシーバスに適したロッドです。

30gのルアーをキャスト出来る為、メタルジグやバイブレーションも使ったトップからボトムまでを広く探る釣り方が可能な点がアドバンテージになります。

トップガイドもライントラブルの少ないsicトップガイドを使用しているので、不安要素を低減して手返し良く広範囲を探ることが可能なロッドです。

【ダイワ】ラテオ ボートシーバス(610MB)

ストラクチャー周りや穴撃ちを攻めるのが得意なベイトロッドながら、遠投などもこなせるオールラウンダー型のボートシーバス用ベイトロッドです。

トップウォーターでの小刻みなトゥイッチなども器用に対応し、快適な釣行をすることが出来ます。

フッキングの性能や感度についても良好で、使う人を選ばない万能型のロッドです。

【メジャークラフト】「3代目」クロステージ ボートシーバス(CRX-662ML/B)

クロステージシリーズのボートシーバス専用ベイトロッドとしてメジャークラフトからリリースされているのがこのロッドです。

使うルアーを選ばずにミノーからバイブレーションまで気持ちの良いキャストが可能ながら、感度の良いロッドなのでスレたシーバスの小さなバイトも見逃しません。

価格帯も手頃なので、ボートシーバスを始めるにあたってまず手にしてみる価値のある良いベイトロッドだと思います。

【シマノ】ディアルーナ BS(B606ML)

ショートロッドとは思えないパワーを秘めているのがシマノからリリースされているディアルーナです。

ボートシーバス用ベイトロッドとして標準的な性能は勿論の事、ストラクチャー周りを攻めていてヒットした際にシーバスが走る前の段階で強引に引き寄せられるロッドのパワーが秀逸です。

船上での取り回しもショートロッドなので非常に楽に行えるため、ストレスなく釣行が楽しめます。

【ダイワ】ラブラックスAGS BS(610MB)

軽量かつ高感度で曲がりが良く、ルアーの飛距離も出ると3拍子揃った優等生なベイトロッドがこのロッドです。

ショートロッドながら継ぎ目の設計が非常に良い為、まるでワンピースロッドかのような綺麗な弧を描いて曲がってくれます。

また、AGS(エアガイドシステム)を搭載した事で、ルアーの飛距離や狙ったポイントへ打ち込める正確性を両立したハイパフォーマンスを見せてくれるロッドです。

まとめ

一度ベイトタックルでのボートシーバスを体験すると、その効率の良さが分かると思います。

バックラッシュなどに気を付ければ初心者でも気軽に大型シーバスを手にすることが出来る可能性のあるボートシーバスフィッシングを、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました