MENU

【ボートエギング】ティップランロッドおすすめ10選!長さや硬さ等を解説!

船からアオリイカを狙うティップランエギングが人気上昇中です。

エギをキャストすることなく広範囲を探れ、ショアエギング同様に初心者も気軽にエントリーができます。

各メーカーからは魅力的なティップランロッドがリリースされ、品揃えも充実してきました。

そこで今回は、ボートエギングで使うおすすめのティップランロッドを紹介いたします。

長さや硬さの選び方も解説しますので、ロッド選びにお役立てください。

タップできる目次

ボートエギングで使うティップランロッドの特徴

ティップランロッドはティップの繊細さが大きな特徴で、通常のエギングロッドと比較しても繊細さは顕著です。

またベリーやバットは非常にしっかりしたパワーがあり、ディープエリアでエギをシャクリやすいよう作られています。

繊細なティップは感度も優れていて、水中のわずかな変化も逃しません。

ただし極端な先調子ではなく、イカが掛かるとロッド全体が曲がりこむような調子となっています。

ボートエギングに適したティップランロッドの選び方

長さ

船から行うティップランエギングは、通常のエギングよりも短いロッドが必要です。

キャスティングに使う7ftクラスよりも短めの、5.5~6.8ftが最も好まれています。

長さによっては釣り手の技術を要するモデルもあり、初心者にいたっては汎用性の高いロッドが欠かせません。

特に6~6.8ft前後のティップランロッドは、操作性が良くて初めての方にもおすすめです。

硬さ

ロッドパワーは、狙うイカのサイズやエギの重さに合わせて最適なモデルを選ぶことが大切です。

メーカーによって硬さの基準は若干違いますが、ML~Mクラスのロッドは汎用性が高く初心者に適しています。

若干柔らかいMLクラスのロッドですが、バットパワーが強いので大型サイズのイカが掛かっても問題ありません。

硬さの選択に迷ったら、40g前後のエギが扱いやすい硬さのティップランロッドを選んでください。

ティップ(穂先)

ティップランエギングで釣果アップを目指すなら、ロッドの穂先に注目してみましょう。

そしてティップが柔らかく繊細なモデルを選ぶことが、とても重要になります。

ティップランは通常のエギングよりもレンジが深く、アタリを素早く察知する感度が必要です。

普通にアタリを取るのが難しいため、高感度で繊細なティップが欠かせません。

ロッド選びで失敗しないためには、店頭で実際に持ってティップを確かめてみることが大切ですね。

【ボートエギング】ティップランロッドおすすめ10選

【シマノ】セフィアリミテッドティップエギング(S68M-S)

シマノ最高峰としてトップクラスの実力を誇り、ディープエリアや潮流の速いエリアを意識したテクニカルロッドです。

引き抵抗が強い場面でのアクションが得意で、上級者用ティップランロッドとして好まれています。

細くて軽いブランクスは、曲がりの美しさまでも追求しました。

6.8ftは取り回しがしやすく、抜群の操作性を備えています。

【シマノ】セフィアBBティップエギング(S66ML-S)

ティップランエギングに求められる、取り回しの良さと繊細さを兼ね備えたローコストモデルです。

上位機種と比べて遜色ないスペックで、6.6ftは初心者でも気軽に扱えます。

小さなアタリを捉えるティップの感度と抜群のブランクス性能が、ディープエリアのイカを決して逃しません。

これからティップランエギングを始める方に最適な一本です。

【ダイワ】エメラルダスAIR BOAT(65MLS-S)

軽さを徹底的に追及しながら70gまでのヘビーウエイトに対応した、ハイスペックなティップラン専用ロッドです。

高感度なメガトップを搭載することにより、水中のわずかな変化を捉えることが可能になりました。

ほぼオールシーズンの対応ができ、大型サイズのアオリイカとのやり取りもスムーズです。

6.5ftレングスは、小型ボートから乗合船まで幅広く使えます。

【ダイワ】エメラルダスX BOAT(65MLS IL)

船上でのライントラブルが心配な方に適した、ティップラン専用のインターラインモデルです。

ラインに遊びがないため、ダイレクトなシャクリを体感できます。

通常のアウトガイドモデルより快適性が高く、トラブルに対しても全く心配いりません。

ロッドとしてはリーズナブルなため、初級から上級まで、多くのアングラーに愛用されています。

【メジャークラフト】三代目クロステージ ティップラン(CRXJ-S602L/TE)

確かな実績を持つ三代目クロステージのティップラン専用ロッドで、購入しやすい価格が人気です。

6ftのショートレングスは操作性が良く、クイックアクションを繰り出すのに適しています。

またソリッドティップを搭載することで、ティップランに必要な繊細さと高感度を実現しました。

トルクの太いブランクスが、アオリイカのジェット噴射をしっかり受け止めてくれます。

【メジャークラフト】フルソリ ティップラン(FSTE-S60ML)

バットまで曲がりこむフルソリッド仕様のブランクスを採用し、初心者でも安心感の高いティップランエギングが可能です。

フルソリッドはゲーム性が高いだけでなく、大型イカとのスリリングな展開も見逃せません。

潮目のディープエリアに潜むモンスター狙いに適したスペックで、ティップラン専用エギの操作性が抜群に良いモデルです。

【ヤマガブランクス】バトルウィップTR(TR69/D)

水深50mを超えるディープエリア攻略に必要なスペックを備え、パワーと繊細さを両立した高性能モデルです。

大型~モンスター級をターゲットに、ブランクス全体の粘り強さで掛かったイカを逃しません。

また潮流の速いフィールドにも有効で、テクニカルな誘いに適しています。

デカイカを常に追い求めるアングラーにおすすめの一本です。

【テイルウォーク】Tipbang TZ(SH65ML/SL)

テイルウォーク製ティップランロッドの上位機種で、操作性に優れた6.5ftのスタンダード仕様です。

ソリッドティップを搭載することにより、高感度でセンシティブな誘いが可能となりました。

タフな環境や低活性の場面での活躍に期待ができ、ハードなエギアクションを得意としています。

わずかに感じるアタリを逃したくない方におすすめのロッドです。

【テイルウォーク】TIP BANG SSD(S60L/SL)

小型のエギを使う秋シーズンに最も実力を発揮し、6ftのショートレングスが人気のモデルです。

高活性なアオリイカを効率良く釣るスペックを持っていることから、初めてのティップランロッドとして適しています。

上位機種譲りの性能でありながら、財布にも優しいリーズナブルな価格を実現しました。

手返しよくボートエギングを楽しめるおすすめロッドです。

【がまかつ】ラグゼEGTRX(S65M-solid)

操作性に優れた6.5ftレングスと、エギの水中姿勢をとことん追求したハイグレードなロッドです。

安定感あるエギ姿勢で、ロングステイ時において抜群の釣果を誇っています。

さらに確実なフッキングを実現するバットパワーと、ソリッドならではの繊細さを高次元で両立しました。

ティップランに求められる性能をしっかりカバーした、魅力的なモデルです。

まとめ

小さなアタリを逃さず釣果につなげるティップランエギングは、ロッド選びがとても大切です。

長さや感度を比較しながら、最適なロッドを選びましょう。

お気に入りの一本を手にして、人気のティップランエギングを楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる