MENU

ボートアジングロッドおすすめ12選!長さ等の選び方!代用竿はある?

ボートからアジをルアーで狙う釣りをボートアジングと呼びます。

ボートアジングは近年人気が高まるにつれ、ボートアジング用ロッドのラインナップが増えてきました。

さまざまな長さや硬さのボートアジングロッドが販売されていて、購入時に悩むアングラーも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのボートアジングロッドを紹介します。

代用できるロッドについても詳しく解説するので、ぜひご参考にしてください。

タップできる目次

ボートアジングロッドの特徴

ボートアジングロッドは重めのシンカーまで対応している点が最大の特徴です。

ジグ単を用いたボートアジングでは陸っぱり用のアジングロッドで十分に対応できます。

しかし、ボートアジングで定番の釣り方となるバーチカルコンタクト、所謂バチコンでは10号前後の重たいオモリを使用します。

そのため、重たいオモリに対応できるロッドでないとバチコンには使用できません。

またロッドの調子としては先端がしなやかに曲がる先調子で、アジがヒットすると全体的に曲がる商品が多いです。

先調子のロッドはアジングで重要になる操作性の高さが魅力になります。

またアジがヒットしてロッド全体が綺麗に曲がり込むとバラしが軽減でき、チャンスを逃しません。

ボートアジングロッドの選び方

種類(スピニング/ベイト)

ボートアジングロッドにはスピニングロッドとベイトロッドがあります。

スピニングロッドはスピニングリールをセットするロッドです。

スピニングリールはドラグがスムーズに効くので、細いラインでも切られにくく、また口切れでのバラしも軽減できます。

ボートアジングではスピニングロッドが定番で、入門者にはスピニングロッドをおすすめします。

一方ベイトロッドはベイトリールをセットするロッドです。

ベイトリールはフォール中のバイトを逃しにくい特徴があるので、ベイトロッドを使用するとアタリを捉えられる回数が増えます。

ベイトリールには水深がわかるカウンターがついている場合があり、アジがヒットしやすいレンジがわかりやすい魅力があります。

長さ

ボートアジングでジグ単をメインに使用する場面では5ft台のショートロッドをおすすめします。

ショートロッドは操作性の高さが魅力で、よりテクニカルにアジを狙えます。

一方バチコンアジングでは6ft〜7ftまでの長さがおすすめです。

操作性を重視する場合は6ft台のロッドを、よりバラシを軽減したい場合は7ftのロッドを選びましょう。

また船の形状によっても長さを変えると扱いやすくなります。

ガイド船のような和船で水面まで近い場合では6ft台のロッドが扱いやすいです。

水面まで近い船で長いロッドを使用するとロッドのティップが水面に近くなりすぎてします。

ティップが水面から離すためにロッドを常に立てた状態をキープする必要があり、非常に疲れやすくなります。

一方、乗合船のように水面まで高さがある船では7ftのロッドでもしっかりと対応します。

硬さ

ジグ単でボートアジングを楽しむ場合は使用するジグヘッドの重さに合わせてUL〜Lクラスのロッドを使用します。

一方バチコン用のロッドにはL〜MHクラスまでがラインナップしてあります。

L〜MHクラスの中から使用するオモリの重さ、釣れるアジのサイズに合わせて選択するようにしましょう。

中でもMLクラスとMクラスは最も汎用的に使用できる硬さになります。

そのため、入門者が最初に購入する一本にはMLクラス、またはMクラスがおすすめです。

ティップ素材

アジングロッドにはソリッドティップとチューブラーティップがあります。

しなやかでバイトを弾きにくいを持つのがソリッドティップ。

ソリッドティップは軽量なジグ単でのボートアジングや食い込みの良さを重視したバチコンアジングに最適です。

一方、チューブラーティップはハリがあり、高感度な特徴があります。

仕掛けをキレ良く動かし、細かなアタリをとるテクニカルな釣りにはチューブラーティップのロッドを使用しましょう。

安いボートアジングロッドおすすめ4選

【プロマリン】CB アーティライドボートアジング 632M

低価格な釣具を販売する人気メーカーのプロマリンがリリースするおすすめのバチコンアジングロッドです。

ホワイトに塗装されたソリッドティップを搭載しているスピニングロッドで、手感度にも目感度にも優れています。

90gまでのシンカーに対応しているので、20号以上の重たいオモリまでしっかりと使用できます。

【アブガルシア】オーシャンフィールド バーチカルコンタクト OFVS-702MLS-Deep

低価格で購入でき、多くのアングラーから人気が高いオーシャンフィールドシリーズの一本です。

35gまでのシンカーに対応しているモデルになり、浅場で良く使用する8号前後のオモリを使用したバチコンアジングに対応します。

ティップには視認性が良いホワイトに塗装されているため、夜のバチコンアジングにも使用できます。

【ダイワ】アジング X 59UL-S

ダイワの大人気シリーズ月下美人に劣らない性能があるおすすめのアジングロッドです。

陸っぱりのアジングロッドですが、ジグ単を使用したボートアジングには十分に対応します。

ロッド全体がしなやかで軽量なジグ単をキャストしやすく、アジをバラしにくい魅力があります。

アジング入門者でも扱いやすいのでチェックしておきましょう。

【シマノ】ソルティーアドバンス アジング S64UL-S

低価格で購入できると釣り入門者の間で人気が高いソルティーアドバンスシリーズの一本です。

6ft前半のロッドでULクラスでジグ単を用いたボートアジングに使用できます。

5ft台のショートロッドではキャストが難しいと感じる入門者でも6ftの長さがあるとキャストがしやすいです。

ロッド全体がしなやかでアジの引き味を存分に楽しめます。

コスパが良くて人気なボートアジングロッドおすすめ4選

【バレーヒル】レトロベーシック バチコンアジング RBS-70VC

バレーヒルが販売する高性能で1万円台とコスパに優れているおすすめのバチコンアジング専用のスピニングロッドです。

20号までのオモリに対応できるので、深場や潮流が速いポイントでのバチコンでもしっかりと使用できます。

コスパモデルながらも感度が高く、細かなアタリもしっかりと捉えて釣果につなげられます。

【バレーヒル】レトロベーシック バチコンアジング RBC-70VC

先ほど紹介したバレーヒルのバチコンアジングロッドのベイトモデルになります。

ベイトモデルもスピニングモデル同様で20号までのオモリに対応しているので、深場まで対応できます。

カウンター付きの両軸リールでの棚の攻略や素早く仕掛けを落とす手返しの良さを重視する場合はベイトモデルをチョイスしましょう。

【ダイワ】月下美人 アジング 55UL-S

ダイワの月下美人シリーズの中で最も価格が安く人気の高いモデルです。

主に陸っぱりで遠投の必要がないポイントで使用されるロッドですが、ボートアジングでもジグ単を使用した釣りに対応します。

5ft半ばのロッドでボート上でも取り回し良くキャストできる特徴があります。

またULクラスで全体にしなやかなロッドでアジをバラしにくい点も魅力的です。

【シマノ】ソアレ BB S64UL-S

シマノの大人気シリーズソアレのエントリーモデルです。

6ft前半のソリッドティップを搭載したロッドで主にジグ単でのアジング攻略に役立ちます。

エントリーモデルながらも70gとさほど重たくなく、バランスにも優れているので軽快に使用できます。

また上位機種に劣らない感度もあり、アジの細かなバイトを捉えられます。

ハイエンドなボートアジングロッドおすすめ4選

【レジットデザイン】スクアド SKC-ST68L/ML-アジング ギガアジスペシャル

バスアングラーから人気が高いレジットデザインでは2021年からソルト用のロッドも販売となりました。

6ft8inchに設定されたベイトロッドで150gまでの重量級のシンカーにも対応し、深場の攻略にも使用できます。

スクアドシリーズの特徴でもあるアラミド繊維を使用したブランクスには、しなやかさとバットパワーが兼ね備わっています。

【ダイワ】デッキアクター 610LB-S

船の上でさまざまなターゲットを狙える汎用性の高さが魅力のデッキアフターシリーズ。

デッキアフターシリーズの中で6ft10inchのLクラスに設定されたベイトロッドはバチコンアジングに最適な番手です。

穂先には繊細なソリッドティップを採用していて、バイトの弾きにくさと感度の良さを高い次元で両立しています。

【ダイワ】月下美人 AIR AGS アジングボート 68MLB-S

ダイワ独自のAGSガイド搭載でロッドが非常に軽くなったおすすめのボートアジング用ロッドです。

バチコンアジングで最も使用する10号前後のオモリに対応でき、さまざまな場面で使用できます。

しなやかなソリッドティップでバイトを弾かず、ハリのあるベリーでしっかりとフッキングできるので、バラシにくい特徴もあります。

【ブリーデン】GRF トレバリズムキャビン 410 CT-tip

人気メーカーのブリーデンが販売するジグ単用のアジングロッドです。

4ft10inchの超ショートロッドで、ボート上で非常に取り回し良く使用できる魅力があります。

カーボン素材のチューブラーティップ採用でティップにハリがあり、3g前後のジグ単も軽快に扱えます。

また感度も非常に高く、アジの小さなバイトを逃しません。

ボートアジングロッドに代用・流用できる竿はある?

ボートアジングでバチコンをする場合はイカメタルロッド、ティップランロッドでも十分に楽しめます。

いずれのロッドも非常に感度が良く、細かなアタリを十分に感じ取れます。

またロッドにパワーも備わっているので、大型のアジがヒットしても取り込みに問題ありません。

他には一つテンヤ真鯛のロッドやライトゲームロッドも流用可能です。

一つテンヤ真鯛用のロッドを流用する場合は柔らかめのLクラスほどをおすすめします。

ライトゲームロッドは船から狙えるターゲットを一本で幅広く対応できる魅力があるので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、おすすめのボートアジングロッドを紹介しました。

ボートアジングはジグ単とバチコンで攻略するので、釣り方に合わせてロッドを選択する必要があります。

ボートアジングで40cmを超えるギガアジを狙ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる