MENU

5oz対応ビッグベイトロッドおすすめ10選!人気な竿も紹介!

5ozに対応したビッグベイトはどんなものがあるのか?5ozってどのくらいの重さのルアーのことなのだろうか?

ビッグベイトロッドの選び方や価格帯、各メーカーの大まかな特色、おすすめロッドなどについて考察していきます。

ビッグベイトを扱う上でのコツや注意点にも触れておりますので参考になれば幸いです。

タップできる目次

5oz対応ビッグベイトロッドで投げれるルアーは何がある?

  • DRT/クラッシュ9・タイニークラッシュ・クラッシュジョーカー
  • deps/スライドスイマー175・250
  • raid japan/デカダッジ
  • jackall/メガロダンクル・ダウズスイマー180・220・240
  • ガンクラフト/ジョイクロ178・マグナム・尺ワン
  • evergreen/バラム245

など5ozに対応しているビッグベイトロッドではビッグベイトの中でもヘビーウェイトのもの(5oz台だとジャイアントベイトと言っても過言ではないです。)まで幅広く扱うことができます。

5oz対応ビッグベイトロッドの選び方 

長さ

ビッグベイトロッドを確実に操作する為にはラインを水面からなるべく離さないことが大切です。

ロッドティップが水面に近ければ近いほどラインを水面に安定させることができ、ルアーの操作が行いやすくなります。

その為、ビッグベイトロッドを選ぶ際はある程度の長さが必要です。

基準としてはアングラーの身長にもよりますが、6.6ft以上〜8ft以内で選ぶと良いでしょう。

価格帯

ビッグベイトロッドは使用するブランクス量が多く値段が高いものが昔は多かったものの、近年は各メーカーさんの努力によって2万円台で買えるロッドも増えました。

したがって、これからビッグベイトを始めたい初心者の方でも手が出しやすい状況と言えます。

初心者の方は2.3万代のエントリーモデルから、もっとビッグベイトをやり込みたい上級者の方は4.5万円代のハイモデルを選ぶと良いでしょう。

メーカー

シマノやダイワなどの大手メーカーから発売されているビッグベイトロッドはクセがなくロッド自体の自重が軽かったり取り回しや扱いやすさに長けているものが多いです。

逆にローカルメーカーや各バスプロが手掛けるメーカーから発売されているビッグベイトロッドは(例えば、グリップエンド部が30cmとかなり長めである→遠投はしやすいが取り回しがしづらいなど)クセがあり尖ったスペックであることが多いです。

そのため、これからビッグベイトを始めたい初心者の方は大手メーカーのものを、もっと尖ったスペックでバスをキャッチしたいという方は各ローカル・バスプロメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

5oz対応ビッグベイトロッドおすすめ10選

【ダイワ】リベリオン651xhsb-sb

6ft5inchと取り回しがしやすく値段も2万円台を切る為手が出しやすくビッグベイトを始める初心者にもってこいのロッドとなります。

そして自重がなんと驚異の116g。

5ozまで扱え、且つ自重がここまで軽いロッドはこのロッド以外に無いでしょう。

ロッドが軽いと手が疲れにくく一日ビッグベイトをストレスなくやり切ることができる為結果的に釣果に繋がりやすいです。

【ダイワ 】21ブラックレーベル トラベルc64xh-5・SB

6ozまでのスイムベイトやビッグベイト、その他のルアーに対応可能なパワーロッドです。

バスだけでなく世界中のモンスターと対峙可能な一本となっています。

ビッグベイトロッドはロングレングスで1〜2ピースのものが多く、車内に積載するのに苦労することがあります。

このロッドは6ft4inchとコンパクトな設計で5ピースで持ち運びが可能な為、車内でも収納がしやすいサイズとなります。

【メガバス】レヴァンテ f10 711lv

6ozまでのルアーを扱えビッグベイトは勿論、ヘビーカバーでのパンチングやフロッグ、マグナムクランク、ジグなどストロングなゲームを大幅に対応しているヘビーロッドです。

自重は191gと軽くはないものの一日中投げ続けても疲れにくい究極のロッドバランスを持っており、ビッグベイトゲームも集中力を切らさずやり切れるロッドとなっています。

【ダイワ】ブラックレーベル lg 6111h+fb-sb

こちらのロッドは5ozまで対応しており、長さも6フィート11インチとビッグベイトロッドの中でもレギュラーなレングスです。

自重は130gと軽く、扱いやすいロッドとなっています。

ファストテーパー仕様の為、ビッグベイトの繊細な甘噛みバイトも確実に捉えてフッキングに持ち込むことができます。

【ツララ】モンストロ82アンドレ

ロッドの自重は292g、キャストできるmax重量は1キロとなっており、世界記録級のバスを超重量級ルアーで狙うための規格外のスーパーパワーロッドとなっています。

2ozや3oz級のルアーは扱いにくいものの4oz級のルアー以上からは圧倒的な安定感で扱うことができます。

ジャイアントベイトを使ってモンスターバスを獲りたい人にはロマンのある堪らない一本です。

【デプス】ヒュージカスタム h3s-81rf

ロッド重量は267gで全長約8.1フィートと先程紹介したモンストロ82アンドレのような規格外のパワーロッドとなっています。

ただ硬いだけではなくしなやかな強さを兼ね備えており、振り抜きが行いやすくキャストがしやすい仕様となります。

硬さとしてはXXXHでルアーは10ozクラスまで扱うことができる為、5oz以上のルアーでも圧倒的な安定感で扱うことができるでしょう。

【レイドジャパン】グラディエーターアンチga75xxhcアンダーテイカー

こちらはレイドジャパン初のビッグベイト専用ロッドとなります。

5oz強のルアーが扱えビッグベイト・スイムベイトに主眼を置いている為ファストテーパーです。

その為、感度が良く、微かな抵抗感を感じながらビッグベイトやスイムベイトをデッドスローでスイミングさせることができます。

【がまかつ】アベンジb68xxh-r

6フィート8インチと取り回しのしやすいレングスでありながらも6ozクラスのルアーをフルキャストできるパワーを持ったロッドです。

全体的にハリがある為操作系のビッグベイトの扱いに長けています。

魚をかけた時しっかり曲がるロッドであるのでビッグベイトで大物を掛けた際のバラシも減るでしょう。

【アブガルシア】アウトサイダーodc711xxh

ビッグベイト専用ロッドとして青木大介プロが監修したアブガルシアのロッドです。

グリップが長く、てこの原理を使用してルアーが投げやすい設計になっています。

テーパーとしてはレギュラーファーストなので全体的にハリがあり感度の高いロッドとなっています。

価格帯も2万円台の為、お求めやすくコスパの良い一本となります。

【ツララ】モンストロ710

ツララの呉氏が手掛ける対モンスターバス用のロッドとなります。

強靭でしなやかなブランクスを持ち、魚をかけたときに素直にロッドが曲がり、世界記録級のバスの硬い顎も確実にフッキングすることができます。

それでいてティップは繊細でチャターやバイブレーションなどの振動も感じることができ、繊細でありながらもトルクフルなロッドとなります。

まとめ

ビッグベイトロッドは様々なものがあり近年では安く手に入るものも多くある為、非常に手が出しやすい時代です。

特に大手メーカーから出ているロッドは自重が軽く疲れにくいものもあり大変扱いやすいです。

その為、ビッグベイト初心者の方には特におすすめと言えます。

是非、ビッグベイトを使って記憶に残る痺れるような魚を釣り上げちゃいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる