MENU

ダイワのビッグベイト用リールおすすめ6選!ギア比や選び方も!

ビッグベイトでビッグバスを獲りたい!

多くの人がそう考えてタックルセッティングを考えているのではないでしょうか。

ビッグベイトのバス釣りをするにあたって、ポイントになってくるのがタックルのバランス。

どんなリールを使うかは快適に釣りをするのに大切な要素です。

ロッドもリールもルアーも重量があり、ちょっとした筋トレになってくるのもこの釣りの悩み。

そんななかでもダイワのリールは、軽量かつ繊細に釣りを支えてくれるありがたい存在です。

今回はそんなビッグベイトでの釣りに最適なダイワのリールについてポイントを整理し、おすすめのリールもご紹介します。

執筆者
  • バス釣り歴20年
Sakusaku

ルアーマン。大型河川のスモールマウスをメインに活動しています。アメリカンルアー、オールドルアーから最新のギアまで幅広取り扱っているので、役に立つ情報を発信しています。トップやビッグベイトでの釣りを中心に、デカいバスを狙う釣りが好き。

タップできる目次

ダイワのビッグベイトに適したリールの特徴

2oz以上のビッグベイトを快適に使っていくためにリールに必要なのは、調整しやすいブレーキシステムがあり、太いラインを巻けるリールであること、そしてハイギアモデルもあるとなおよし。

ダイワのリールはこの3点を満たしてくれるリールが揃っています。

長時間使っても疲れにくい軽いボディで、遠投しにくいジョイントタイプのビッグベイトを投げてもブレーキでしっかり支えてくれる。

そんなリールを選ぶことができるのがダイワです。

ダイワのビッグベイトに適したリールを使うメリット

ブレーキシステム

ビッグベイトは空気抵抗が大きく、ルアーチェンジに合わせてブレーキの調整も必要です。

マグネットブレーキは調整がしやすく、この快適さからダイワのリールを選んでいる人も多くいます。

ダイワは長年マグネットブレーキを採用したリールを製造しており、近年はマグネットブレーキの弱点である飛距離を出す技術を投入。

マグネットブレーキであっても、キャスト後の最後の伸びを引き出し、より遠くにルアーを飛ばせるようになっています。

最新のIMZはインテリジェントマグフォースというデジタル制御された電磁誘導ブレーキを搭載。

安定感あるマグネットブレーキと、飛距離を両立する最新技術が使われているのがダイワのリールの特徴です。

リールの自重

ビッグベイト用に使えるリールであっても、200g台の軽さを実現。

ダイワのコンセプトでもある、軽く、強い釣りをリールも体現しています。

他社のリールは大型化にともなって重くなり、リールによっては300gを越えるものばかりになりますが、そのなかで軽く使いやすいリールが揃っているのはダイワ製リールを選ぶメリットです。

ルアーサイズ

ビッグベイトを使うのに適したリールのサイズは200番台のリールが基本で、ジャイアントベイトまで扱うなら300番、400番のリールも選択肢に入ります。

フロロカーボンラインで20lbのラインやそれ以上のナイロンライン、そしてPEラインとリーダーを取って使うこともあるので、リール糸巻き量は余裕があるものがおすすめ。

ダイワは他社が取り扱っていないちょうどよい番手のリールをラインナップしていることもあり、自分がやりたい釣りに合うリールを選ぶことができます。

例えば、タトゥーラのように80〜400番までリールのライナップを揃えていることもダイワの良さだと思います。

ダイワのビッグベイトに適したリールの選び方

ギア比で選ぶ

ビッグベイトに合うリールを探す際に確認しておきたいのがギア比。

今はパワーギア(ノーマルギア)からエクストラハイギアまで幅広いラインナップがあります。

巻き取りスピードが速く、ルアーの動きもよく手元に伝わってくるハイギアモデル、そしてゆっくりじっくり巻くことのできるノーマルギアモデル

基本的にはハイギアモデルを選択すると使い勝手もよく便利です。

なかにはリップ付きタイプのビッグベイトのように、引き抵抗がかなり強いものもあります。

そういったモデルの場合、ノーマルギアのリールを選んで巻き取りペースを抑え巻き心地を軽くする方法もあります。

ビッグベイトのサイズで選ぶ

リール選びの基準の1つが、使いたいルアーの重さです。

2oz程度であれば100番、200番サイズでも十分ですが、3oz以上のサイズになってくるのであれば太いラインを使う必要が出てきます。

バラム300のような6ozクラスになれば25、30lbラインが必要です。

そうなると300番、400番のリールが必要になるのでメインのビッグベイトサイズでリールの大きさも決めましょう。

リール価格帯で選ぶ

リールにかけられるコスト面も重要ですよね。

ビッグベイト専用のリールということであれば3万円前後のリールを中心に、ビッグベイト以外にも多用するのであれば3万円以上のリールも視野に入れて選択しるのが良いと思います。

タックルの中で、最も性能の差がわかりやすいのがリール。

コストをかける部分に関してはかけたほうが、リール自体も長持ちしますし、釣りも快適にはじめられます。

ダイワのビッグベイト用リールおすすめ6選

ダイワタトゥーラ300XH

ビッグベイト専用に開発されたといってもいい人気のリール、タトゥーラ300。

25lbラインが145m巻ける糸巻き量があり、ドラグも11kgあるのでまさに強い釣りにピッタリです。

8.1対1の高ギア比で、ゆっくりとしたルアーを見切ってしまうようなバスも、巻きのスピードでスイッチを入れることができます。

ダイワタトゥーラ400XH

同じタトゥーラの最大モデル、タトゥーラ400。

30lbラインでも140m巻くことができる、同シリーズの最大最強モデルです。

10ozを越えるようなジャイアントベイトもこのリールであれば、全く問題なく許容範囲。

300同様に海水にも対応しているので、使う場所を選ばず、どんな魚種にも使えます。

8.1対1のハイギアモデルは1回転中109cm巻き上げることができる強さがあり、PEを使った海外の怪魚釣りにも持っていきたい、頼もしいリールです。

ダイワジリオンTWHDXH

ビッグベイト用にはすこし小型ですが、16lb100mの糸巻き量があれば、2oz程度のビッグベイトであれば十分。

ブレーキにはMAG-Zブーストを採用しており、キャスト時の最後の伸びを実現したモデルです。

8.1のギア比はもちろん、200gという軽さのおかげで1日中使い倒すことができるタックルを準備できます。

その巻き心地、安定感からバスプロにも使用者が多いジリオン。

1/2ozから2oz程度までのルアーが中心であれば、間違いのない使用感のリールです。

ダイワリョウガ1520H

強い釣りには強いリールをと考えている方におすすめなのがリョウガ。

20lb100mの糸巻き量に6.3対1の中速ギアで、力強くしっかりとルアーを扱うことができます。

リールの重さでタックルの重心を手元に寄せ、竿先をブラさない安定感があります。

丸型リールのデザイン、リールの力強さを考えると紹介する中ではかなりビッグベイトに相性がいいリールかもしれません。

ダイワタトゥーラHDカスタム

20lbライン100mの巻き量と、巻物や撃ち系ルアー用の設定がビッグベイトにも合うリール。

タトゥーラのなかでは古参ですが、まだ現役バリバリで活躍できます。

タフな環境、パワーゲーム向けにセッティングされたリールなので、力強い釣りが必要なビッグベイトに向いたリールです。

ダイワIM ZリミットブレイカーTWHDC-XH

ダイワの最新ハイエンドモデル、IMZ。

スマートフォンと連携したシステムで、飛距離、キャスト回数、釣行情報などを記録することができます。

今回ビッグベイト用リールとしてチョイスしたのは、20lbラインが100m巻くことができ、ブレーキシステムもインテリジェントマグフォースを採用し安定感があり、さらに8.5対1のハイギアモデルでもあるから。

そして多くの最新技術を搭載していながら、250gという軽さも嬉しいですね。

ダイワの最先端の技術の結集と言ってもいいIMZ、価値あるリールだと思います。

まとめ

『このルアーで釣りたい』という思いを込めた釣りを楽しめるのがビッグベイトの釣り。

リールをセッティングできたら、快適なタックルを準備できたらあとはフィールドへ向かうだけ。

ダイワのリールでビッグベイトの釣りを楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次