MENU

初心者向けバスロッドおすすめ10選!バス釣り入門竿の選び方!

バス釣りを始める上で釣り竿の購入は避けては通れません。

しかしバス釣りで使用するバスロッドは色々な種類があり、何を買っていいのかわからないと悩んでしまうかもしれません。

初心者が買っても後悔しないで安心してバスフィッシングも入門できるおすすめの竿を紹介します。

タップできる目次

バスロッドとは

ブラックバスを釣るための専用の釣り竿になります。

主にカーボン素材で作られ、長さは1.8mから2.1mくらいが主流の釣り竿です。

後記しますが、バスロッドには大きく分けてスピニングロッドとベイトロッドの2種類があり、リールに合わせて釣り竿を選ぶ必要があります。

他の魚を狙う釣り竿より長さや硬さの種類が多いことも特徴の一つです。

初心者向けバスロッドの選び方

ベイトタックルorスピニングタックル

釣り竿を買う前にベイトタックルかスピニングタックル、どちらにするか選びましょう。

ベイトタックルは基本的に重めのルアーを主力として使うベイトリールを使うタックルになり、スピニングタックルは軽めのルアーを使うスピニングリールを使うタックルになります。

どちらの道具も少し練習をすれば投げられるようになるので、どのような釣りをしたいかで選ぶのがいいでしょう。

ロッドの長さ、硬さ

基本的には身長+5~10㎝のロッドを選ぶのが良いとされています。

これは投げるときにロッドを振り切る必要があるため、このような選び方をするように言われています。

しかし最近のロッドは軽く作られているため、必ずしも長いロッドがダメということではなくなっています。

ロッドには硬さの表記があり、メーカーによっては表記が違うかもしれませんが、基本的には柔らかい方からUL→L→ML→M→MH→Hと表記されます。

初心者は投げるときにロッドの反発力を利用して飛ばすことを意識したいので、柔らかいモデルを選ぶといいと思います。

例えばスピニングロッドならLクラス、ベイトロッドならML~Mくらいの硬さを選ぶといいでしょう。

価格

現行のバスロッドは3000円程度の物から10万円ほどの物まで、かなりの価格差があるロッドです。

価格差はロッド製作に使われている技術や材料、または生産国等に由来します。

価格が高いロッドほど、重量が軽かったり、バスが釣れた時のパワーがあったりします。

しかし、初心者が使う上では大手メーカーの5000円以上のモデルを選べば、使用に関しては何ら問題ありません。

もちろん、初心者だからと高価格帯ロッドを購入してはいけないという事もありませんので自分の好みでロッドを選んでみましょう。

初心者向けバスロッドおすすめ10選

【シマノ】スコーピオンXV

バスフィッシングでの使用はもちろんですが、様々な魚と遊べるようなロッドがコンセプトです。

特にこのロッドは短いモデルが多くラインナップされているのでお子様や女性にも扱いやすいロッドになっています。

位置づけとしてはエントリーモデルですがシマノが誇る技術を多彩に採用しており、どんな人が使っても楽しい釣りができるはずです。

【ダイワ】バスX

ダイワからエントリーモデルとして発売されているロッドです。

グリップ周りのデザインも洗練されており、とっても素敵なロッドになっています。

また多彩なラインナップも魅力的であり、使いたいルアーや、例えばカバーゲームをやってみたいなどの色々なシチュエーションにも対応できるロッドです。

【シマノ】バスワンXT

歴史の長いモデルになりますが、現行モデルはとても軽く作られており、ベーシックモデルとは思えない感覚で操作することができます。

5ft台の短いモデルもラインナップされているので、バスフィッシングを始めるお子様にも使ってもらいたいロッドになっています。

【アブガルシア】バスビート3

グリップ周りがコルクとEVAを両方採用されている素晴らしいデザインになっています。

肩掛けできる竿袋が付属しているのでオカッパリアングラーや自転車やバイクでの釣行でも活躍してくれるでしょう。

【シマノ】ゾディアス

もはや初心者用ロッドの枠には収まりません。

値段こそ手ごろですがトーナメントシーンでも活躍できるほどの性能を持っているロッドです。

登載されているカーボンモノコックグリップで高感度を実現しているロッドであり、良い意味で価格と性能があっていないロッドかもしれません。

【ダイワ】プレイゾン

多彩なラインナップなので、挑戦してみたい釣りがあるなら選択肢に入れてもらいたいロッドです。

ダイワの最新鋭技術が取り込まれており、ブランクスやグリップの性能はハイエンドモデルにも引けを取らないでしょう。

【レジットデザイン】CHILD SIDE

子供のために作ったロッドと言う事で、短めのロッドになっています。

しかしロッド自体はトーナメントでもバリバリに使われているレジットデザインのロッドなので性能に問題などあろうはずもありません。

初心者こそ、イイ物をと言うのを体現したロッドでしょう。

【メジャークラフト】バスパラ

入門用のロッドとして発売から10年以上たち、最初のロッドとしては定番化してきたような印象を受けます。

もちろん10年の間にモデルチェンジもしているので性能が他のロッドより劣る事はありません。

このロッドでバスパラダイスを体験してください。

【ジャッカル】BPM

大人気ルアーメーカーであるジャッカルが発売しているコスパ最強ロッドです。

現在、バスフィッシングシーンで使われているメインの番手を余すことなくラインナップしており、デザインも安さも感じさせないシンプルかつ愛着がわく素晴らしい形になっています。

初心者だって最新鋭の釣りをしたい願望を叶えるロッドです。

【メガバス】LEVANTE(レバンテ)

このロッドはバスフィッシング本場、アメリカで最初、発売されました。

その後、本場アメリカでも活躍したロッドを日本に持ち帰り、日本のフィールドに合わせて作りこんだロッドになります。

メガバスの革命的なロッドを無視することはできないでしょう。

まとめ

一昔前と比べると初心者向けロッドと言われる低価格帯のロッドの性能は格段に上がり、初心者だけでなく、中級者がセカンドロッドとして選ぶくらいになりました。

性能が上がると言うのは使いやすくなっているのと同義なので、今こそ色々な人にバスフィッシングを楽しんでもらいたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる