MENU

ズボ釣りに適したリールおすすめ8選!人気モデルを紹介!選び方も!

主に関西でよく行われている釣法であるズボ釣りは特にチヌやハネ狙いにはうってつけの釣りです。

今回はこのズボ釣りに適したリールを紹介します。

複数の竿を並べるスタイルのズボ釣りは、一度にさまざまなタナが探れ、しかも仕掛けが釣り針、ハリス、おもりだけのシンプルなもの。

足元辺りをポイントにすることが多く、短めの竿を使います。

竿が短い分ターゲットの巻き上げに負荷がかかるため、どのようなリールを選ぶかが重要なポイントです。

執筆者
  • 釣り歴30年
  • 磯釣りエキスパート
三又 健

グレのフカセ釣りをメインに広くエサ釣りを楽しんでいます。 主に和歌山県の南紀や三重県の紀東エリアに釣行しています。 また釣った魚を料理することも趣味の一つです。 さまざまな釣りに関する情報を提供していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

タップできる目次

ズボ釣りに適したリールの特徴

ズボ釣りに適したリールは両軸リールで、理由はズボ釣りのスタイルが関係しています。

ズボ釣りは竿を足元に置いて当たりを待つため、スピニングリールよりも両軸リールの方が安定します。

また足元辺りに仕掛けを投入し、魚が針掛かりをすれば一気に巻き上げるので、適しているのはパワーのある両軸リールです。

また足元辺りのポイントには、意外な大物が掛かることがありそのような場合は、やはり巻き上げのパワーが強い両軸リールに軍配が上がります。

リールは大きく分類するとスピニングリール、タイコリールそして両軸リールですが、ズボ釣りをするなら両軸リールがおすすめです。

ズボ釣りでリールにこだわるメリット

置き竿が安定する

ズボ釣りでは、複数の竿を並べてターゲットを狙うため、持ち竿ではなく置き竿のスタイルです。

複数の竿を扱うため、仕掛けを投入すると他の竿をすぐに扱う必要が出てきます。

そして時合いが来ると一気に忙しくなる場合が多いです。

このような時、竿を置いても安定しやすい方が手返しがスムーズに行えます。

余計なことに気を使う必要がないことは、快適な釣りの条件です。

短い竿でも巻き上げやすい

両軸リールは大型のギアを組み込むことが可能なため、巻き上げるパワーがあります。

足元辺りをポイントにするズボ釣りは、思わぬ大物が掛かることがあります。

大物が掛かれば、やはり釣り上げたいものです。

この場合成否を決定する要素の一つが、まさにリール選びといえます。

またパワーのあるリールを使っているという意識が心の余裕を生み、釣果の向上を促進します。

ライントラブルが少ない

スピニングリールを使用する場合、ラインがスッポ抜けることがありますが、両軸リールの場合はそのような心配がありません。

またズボ釣りの場合は仕掛けを投げないため、バックラッシュといったトラブルも心配なしです。

狙うポイントの水深がある場合でも、両軸リールの使用でライントラブルは少ない結果になります。

ラインキャパが少ないリールが選べる

ズボ釣りは主に波止場や垂直岸壁で行う釣りです。

そのため船釣りのような深場を狙うことがなく、ラインも多くを必要としません。

ラインキャパが大きいリールは、小さいものと比較すると値段が高くなりがちです。

この点からすると低価格のリールの選択も可能となります。

またズボ釣りは複数の竿を使用するため、同じ数のリールが必要です。

ズボ釣りに適したリールの選び方

両軸リールを選ぶ

ズボ釣りではスピニングリール、タイコリールなども使用できます。

しかし竿を複数本用意して、置き竿で釣るスタイルのズボ釣りでは両軸リールがおすすめです。

両軸リールなら、仕掛け投入も巻き上げも素早くこなせます。

ラインキャパは小さくてかまわないので、小型の両軸リールで大丈夫です。

目安として2号の道糸を70メートル程巻けるキャパで十分です。

ドラグ性能で選ぶ

低速域からスムーズに移動できるドラグ機能が、ズボ釣りには適しています。

これはチヌ、ハネ狙いでズボ釣りをする場合、年なしチヌや大型のスズキが掛かることがあるためです。

また小型のガシラやメバル狙いでも、大型の根魚が掛かることがあります。

たとえば和歌山県の南紀などでは、夏場の夜釣りでタマミ(ハマフエフキダイ)やコロダイなどの大物が掛かることがあります。

このような場合、ドラグ性能は重要な選択基準です。

ハイギア機能を選ぶ

ズボ釣りは置き竿のスタイルとはいえ、複数の竿を出し、マキエをしながら頻繁にタナを探る釣りです。

時合いには、複数の竿に当たりがくることさえあります。

また夏場などの高水温時ではエサとりが多く、エサの付け替えなど手返しが多くなります。

これを考えれば、速い巻き上げが可能なハイギア機能の両軸リールが適しています。

価格帯で選ぶ

ズボ釣りでは複数の竿を出すため、竿と同じ数のリールが必要です。

限りある予算の中で、リールの価格と性能を天秤にかけ適切なリールを選びます。

ズボ釣りで使用する両軸リールはラインキャパが小さくてもよく、遠投する必要もないので低価格のリールが選べます。

定価が1万円以下の両軸リールでも、ズボ釣りに適したものが多く販売されています。

ズボ釣りに適したリールおすすめ8選

シマノチヌマチック(1000XT)

ハンドルを1回転時、最大58センチのラインを巻き上げることが可能です。

魚がハリ掛かりした時、瞬時に合わせられやすいように、指一本のワンタッチでクラッチがオンオフできます。

また糸フケができにくいように工夫が施されています。

チヌを対象に設計されていますがハネ、スズキ、根魚にもおすすめです。

ダイワコロネットⅡ(black)

ハンドル1回転時、最大41センチのラインを巻き上げることが可能です。

速い巻き上げができるハイギア仕様で、ズボ釣りに適しています。

巻き上げ時の音がやや大きいものの、低価格である点がとても魅力的です。

コンパクトサイズですが、2号のナイロン糸を約75メートル巻くことができ、ズボ釣りには十分なラインキャパです。

プロックス根魚権蔵キワラウンド(45RB)

低価格な商品を提供してくれるプロックス社の両軸リールを紹介します。

ハンドル1回転時、最大57センチ巻き上げることが可能です。

糸巻量は2号が150メートル可能で、ズボ釣りには十分な機能があります。

チヌ、ハネはもちろん、大きめの根魚もしっかり対応できる両軸リールです。

しかも価格設定が低めな点もおすすめポイントです。

ダイワ16プリード(150SH-DH)

ダイワブランドにしては低価格に設定されています。

ハンドル1回転時最大79センチ巻き上げることが可能で、ハリ掛かりすると一気に巻き上げられるリールです。

2号の糸なら約150メートル巻ける十分なラインキャパがあります。

スムーズに仕掛け投入ができるスーパースプールフリー機能が施され、しかもギア比7.0のハイギア設定です。

プロマリンファイターミニDX

低価格の商品を提供してくれるプロマリン社ですが、この両軸リールはコストパフォーマンスが高い低価格品です。

2号の道糸が80メートル巻けるので、ズボ釣りには十分なリールです。

このリールの魅力はとにかく安い点です。

とにかく価格を抑えてズボ釣りのリールを揃えたい方におすすめします。

トラブル時での予備用として備えるのもおすすめです。

タカミヤSAGURI HUNTER

価格から考えると操作性の高さは、コストパフォーマンスが高いリールといえます。

軽量化された設計で、仕掛けもスムーズに投入できます。

クリックレバー付きで、ラインを少し引き出して魚の喰いを探るのにも適したリールです。

ガシラやメバル、ワカサギがメインターゲットとして設計されていますが、チヌ、ハネも問題なく狙えます。

シマノクラブデミ(10RL)

ハンドル1回転時最大35センチの巻き上げ量で、やや他のリールに比べると見劣りがしますが糸カミ防止機能が付き、2号のナイロン糸が100メートル巻けます。

ズボ釣りには十分な機能です。

自重は90グラムの軽量設計で扱いやすく、ラインストッパーも搭載していてハイスペックな作りです。

シマノチタノスチヌスペシャル(500)

ハンドル1回転時最大40センチの糸を巻き上げが可能です。

ワンタッチ分解の機能付きで、リールのトラブル時すぐにトラブルの解消が期待できます。

商品名の通り、チヌをメインターゲットとして設計されていますが、スズキのような大物でも釣り上げ可能でズボ釣りにおすすめです。

まとめ

複数の竿を出し、一度にさまざまなタナが探れるズボ釣り。

置き竿のスタイルですが、待つ釣りではなく中々忙しい釣りでズボ釣りでのリール選びは、手返しの効率と深く関係します。

ぜひリール選びの参考にして頂ければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次