MENU

カンパチジギングロッドおすすめ10選!人気竿や選び方を紹介!

オフショアでのジギングターゲットとして人気の高いカンパチ、製品の開発にも各メーカーが毎年改良を加え、新製品を発売しています。

100g以上のジグを振り続け、大型になれば20㎏を超えるカンパチとの格闘に耐える道具選びは慎重にならざるを得ません。

特にジギングロッド選びは慎重になります。軽さや粘り、耐久性に加えて価格は選定時の重要なポイントになります。

多くのアングラーの求める、納得できる性能・価格を元におすすめのジギングロッドを紹介します。

タップできる目次

カンパチジギングに使うロッドの特徴

軽くコンパクトで、硬めですが粘りのあるロッドがカンパチジギングロッドとしての特徴です。

1日中ジグをシャクれる「軽さや長さ」は重要で、チャンスを逃さないためにアングラーの体力を無駄に消費しないベストなチョイスが必要です。

ヒット後、根に潜るカンパチの強烈な引きに耐える「強度」は、パワー勝負に負けない強さを必要とします。

幾度の突込みに耐える「柔軟さ」は、急な突込みに耐える余裕をアングラーにもたらします。

カンパチジギングロッドの選び方

種類

ベイトロッド

大物狙いの時や重いルアーを使用するとき、水深の深いポイントなどパワーが必要な時に使用します。

フォール時のクラッチを切る手返しにの良さがベイトの特徴でもありますので、フォール中のアタリが取りやすくなります。

最近では、スロージギングでの釣りにもカンパチがターゲットとなったゲームが流行っていますので、専用のベイトロッドも販売されています。

スピニングロッド

高速での巻取りの誘いが出来、近距離のキャストも対応できるスピニングロッドはラインのトラブルも少なく操作性に優れています。

ボトムをとる事もベイトより早く、素早くカンパチの前にジグを持って行くことが出来ます。

タングステン素材を使用した「スーパーライトジギング」ではスピニングロッドを使用することで操作性も良く、ジグのフォールにも影響を与えません。

長さ

使用するルアーやポイント状態にもよりますが、6フィート前後がおすすめです。1フィートは30.48cmなので6フィートは約1.8mです。

高速での巻き上げやショートピッチでのジャークは、長すぎると操作しにくくアングラーも疲れやすくなりますので、5フィート後半のロッドでしたらジグへの操作性も良くリズミカルにシャクることができます。

ベイトロッドのスローピッチでしたら少し大きめのジャークやロッドの反発力で誘いますので、若干長めの6フィート後半位の長さの物が操作性も良いです。

硬さ・ルアーウェイト

カンパチジギングのロッドの硬さは、M(ミディアム)かMH(ミディアムヘビー)、ルアーウェイトは100g~250g表記の物がおすすめです。

大物カンパチを想定すると硬さのある方が、ヒット後にも耐えられるパワーを兼ね添えています。

近年は各メーカーの開発の進化により軽く・柔らかさのあるロッドが多く発売されていますので、感触だけで判断せずに表記をしっかり確認することもおすすめします。

カンパチジギングロッドおすすめ10選

【メジャークラフト】ジャイアントキリング GXJ-S63MH

「ジャイアントキリング」ならではの感覚はそのままに、最新のテクノロジーを搭載しました。

ディープゾーンや潮の速いポイントにも対応し、ジグアクションや大物とのやり取りもアングラーの優位な仕様となっています。

コスパにも優れたモデルです。

スピニングモデル:適合ジグウェイト80~180g 適合PEライン2~4号

【メジャークラフト】ジャイアントキリング GXJ-B62H

メジャークラフトのジギングロッドの代表的なジャイアントキリングは、ディープゾーン狙いでも1日中シャクれ大物にも対応する仕様です。

使用感を大きく変えることなく扱いやすさはそのままに、最新のカスタムによって完成度を上げました。

ベイトモデル:適合ジグウェイト100~200g 適合PEライン2~4号

【メジャークラフト】ジャイアントキリング スロージギングモデル GXJ-B66/4SJ

ジグを見せフォールで食わすスロージギングにおいて、ジグアクションや当たりの感度を察知するディップやバット部に、最新のカーボンを搭載しました。

アングラーへの負担を軽減することで1日中シャクれる仕様となっています。

スロージギング ベイトモデル:適合ジグウェイト100~250g 適合PEライン0.8~2.5号

【エバーグリーン】ポセイドン PHPJ 501 ハイピッチジャーカー501

高性能仕様で随所にアングラーに配慮したモデルです。

ジグを高速でダートさせながらも食わせるタイミングの邪魔をしないアクションを実現しました。

ディープポイントの変化をも感じ取れる繊細なディップは、大物とのファイトにも対応する超高感度な仕様となっています。

ベイトモデル:適合ジグウェイト90~200g 適合PEライン2.5号

【ダイワ】ソルティガ SALTIGA R J66S-4 HI

ダイワの全ての技術・性能をつぎ込んだ仕上がりのモデルです。

スピードジャークはもちろんディープエリアでのジグアクションにも対応した高性能な仕上がりです。

ダイワ独自のカーボンファイバーシートを採用することで細身で軽量仕上げですが、想像を絶する粘りとパワーを見せてくれるモデルです。

スピニングモデル:適合ジグウェイトMAX240g 適合PEラインMAX4号

【ダイワ】ブラスト J60HS・V

ディープゾーンで250gのジグを思いのままに操作できるバットには、ダイワ独自のカーボンを使用することで、細くても高い強度を実現しました。

大型カンパチにも対応するパワーモデルです。

スピニングモデル:適合ジグウェイト110~250g 適合PEライン3~5号

【ダイワ】ブラスト J60MB・V

スタンダードタイプですがアクションではジグに自然な動きを出し、食わせるタイミングを演出します。

多種多様なジャークにも対応する仕様で、アングラーの負担も軽減します。

ベイトモデル:適合ジグウェイト70~180g 適合PEライン2.5~4号

【シマノ】グラップラータイプJ S60-4

シマノ独自の構造「スパイラルX」「ハイパワーX」を搭載することでブランクスへの強度を増し、ネジレを防ぐ仕様としました。

握りやすいロングフロントグリップで負担や疲労を軽減します。

スピニングモデル:適合ジグウェイトMAX210g 適合PEラインMAX4号

【シマノ】グラップラータイプJ B60-4

スピニングタイプ同様の仕様です。

上位機種の仕様をそのまま継承した「グラップラータイプJ」はコスパにも優れたモデルです。

ロッドの豪快な曲がりでパワーファイトにも対応します。

ベイトモデル:適合ジグウェイトMAX210g 適合PEラインMAX4号

【がまかつ】ラグゼ ジグドライブR B60ML

高速アクションを得意とした仕上がりながら、多彩なジグアクションにも対応した仕様です。

ブランクスには高強度、軽量化を追求した素材を使用することで大物とのパワーファイトにも十分対応します。

スピニングモデル:適合ジグウェイト90~200g

まとめ

カンパチジギングタックルの中で最重要なアイテムのロッドは、近年各メーカーより様々な技術を施した品物が発売されています。

それにより釣り方に合わせたロッドが多数発売され、選択肢も広がっています。

ご自身の釣り方や、よく行くフィールドに合わせたロッド選びの参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる