MENU

カンパチジギングリールおすすめ10選!スピニングとベイトを紹介!

カンパチジギングではベストタックルで臨むことにより、カンパチをキャッチできる機会を多くします。

そのタックルの中で重要なのは、ジギングリールです。

ジギングリールは各メーカーによりスピニングリール・ベイトリールも形こそ変わりませんが、高性能な製品が次々と開発・発売されており対象魚やロッドとのバランスによってアイテムが揃えられています。

アングラーの求める性能や価格、カンパチジギングに対応するスピニングリール・ベイトリールのおすすめのジギングリールを紹介します。

タップできる目次

カンパチジギングに使うリールの特徴

十分な「ラインキャパ」があり「ドラグ性能」がよく、「丈夫なボディー」構造のあるリールなどがカンパチジギングリールとしての特徴です。

ヒット後の引き出されるラインを十分に確保し、引き出されてもライントラブルを回避できるドラグ性能は絶対条件です。

そして、パワーファイトの際に耐えてくれるボディーは必須です。

1日中ファイトするタックルは、アングラーの疲れを軽減するために「軽さ」も重要視されます。

カンパチジギングリールの選び方

種類

ベイトリール

ラインキャパが十分にとれるベイトリールは水深の深いポイントや、パワーファイトを必要とするゲーム時に使用します。

使用するラインの号数が十分に巻けること、クラッチ操作が安易にできること、パワーファイトにも負けないハンドル構造などを十分確かめます。

そして何より、使用するロッドとのバランスを比べることをおすすめします。

スピニングリール

巻き取りの時のスムーズさや、ラインフリーの際のベイルの反転の良さなどをチェックしながら、軽さも重要視します。

素早くジグをカンパチンのポイントに落とし込むことができるスピニングリールは、高速で巻き上げることで喰わせるパターンやナブラなどを狙う不意のキャストにも対応します。

ベイトリール同様、使用するロッドとのバランスもチェックする事をおすすめします。

番手

メーカーにより番手サイズには共通する基準がなく、番手数値には違いがありますのでご注意してください。

ダイワのベイトリールでしたら 10~15番、スピニングリールなら 6000~10000番がおすすめです。

シマノのベイトリール は1500~2000、スピンニングリール6000~10000番をおすすめします。

スピニングリールの番手には幅がありますが、ポイントの水深や狙うカンパチのアベレージサイズ、ルアーセレクトによって選ぶことでオーバータックルにもならずアングラーの疲労軽減にもつながります。

ギア比

ギア比とはハンドル1回転に対してのスプールの回転数を示したものですが、メーカーにより計測上での基準の違いがありますのでご注意ください。

番手末尾のPG(ローギア/パワーギア)やHG(ハイギア)表記での選定もおすすめします。

PGはディープゾーンでの重さのあるジグアクションや、巻き取りが容易なことなどがメリットです。

HGでは巻き取り速度が速く、素早い対応が必要な時などに有利です。

糸巻き量

ポイントの水深や狙うターゲットのサイズによってリールサイズが変わりますので、糸巻き量にも違いが出ます。

ベイトリール、スピニングリールともPE2号で200m以上、PE3号・4号でしたら300m以上をおすすめします。

糸巻き量は水深の倍以上を目安として余裕をもって巻いておくことで、ライントラブルなどがあっても船上でノットの組み直しをすることで釣行の継続ができます。

カンパチジギング用スピニングリールおすすめ5選

ダイワ カルディアSW 6000D-H

上位機種の性能をそのままに、コスパに優れた内容のモデルです。

軽量設計ですが十分なパワーを兼ね添え、10㎏級の大物にも十分対応できる仕様となっています。

このレベルでアングラーの欲しかった機能を随所に搭載することで、耐久性やトラブル回避の性能を格段に向上しました。

PE3号:300m ハンドル1回転:101cm

ダイワ BG 5000H

リーズナブルな価格ですが、高剛性・高耐久により基本性能を装備した大型スピニングリールです。

上位機種にも採用しているアルミボディを採用したことで剛性な耐久性を備え、ダイワの独自設計による技術を随所に盛り込み大型のカンパチとの格闘にも対応した仕上がりです。

PE4号:400m ハンドル1回転120cm

ダイワ ソルティガ 8000-P

ダイワのリール性能における最高技術の全てを詰め込んだ、最高峰リールです。

圧倒的な強さと耐久性を備え、細部にまでこだわった技術においてスムーズなハンドル操作や巻き取り性能、キャスティングにおいてはストレスを感じない史上最強の仕上がりです。

大型カンパチの引きにも十分耐えるドラグシステムも安心なモデルです。

PE3号:400m ハンドル1回転:92cm

シマノ スフェロス 6000HG

シマノの中でコスパに優れたジギングスピニングリールです。

リーズナブルな価格ですが、性能や技術面では上位機種に搭載されている機能やパーツを存分に採用しています。

耐久性やベアリング構造の高性能化により軽い巻き上げを実現したことで、ジギングやキャスティングなど幅広いゲームにも対応しています。

PE3号:300m ハンドル1回転:103cm

シマノ ステラ 8000HG

シマノの最高峰のスピニングリールです。

パワーと耐久性をとことんまで進化させ、確かな防水性や細部にまでこだわったベアリング耐久力により従来比をはるかに向上しました。

軽い巻き上げ力で大型のカンパチを楽に上げてくることはもちろん、進化したドラグ性能は走られた時にその能力を存分に発揮し、アングラーを優位に立たせてくれます。

PE3号:410m ハンドル1回転:107cm

カンパチジギング用ベイトリールおすすめ5選

ダイワ キャタリナ 15H

コスパに優れたジギングベイトリールです。

タフでパワー重視のリールですが繊細な、なめらか回転性能やドラグ性能は納得できる仕上がりです。

簡単にスプール交換を可能にしたことでラインブレイクにも即交換対応し、地合いを逃しません。

各所の操作性も重視し、クラッチやメカニカルブレーキの操作時もストレスを感じません。

PE3号:300m ハンドル1回転:99cm

ダイワ ソルティガ 15H

ダイワのテクノロジーの全てを備えたモデルです。

ジギングリールに必要な強さ・軽さ・滑らかさの全てに性能を維持する強さを目指すことで、パワフルな巻き上げと操作性の向上によりオールラウンドなジギングに対応します。

滑らかな巻き心地、高精度だが高剛性、クラッチシステムの操作性向上の全てがアングラーの要求を叶えています。

PE3号:400m ハンドル1回転:115cm *15HL(左巻き)

シマノ トリウム 2000HG

上位機種の性能を引き継ぎながら、コスパに優れたモデルです。

ボディは丈夫で剛性の高い素材を使用しながら軽さ重視、防水システムも向上させコンパクトサイズに仕上げました。

塩ガミ対策も施し、クラッチオートリターン機能を搭載することで着底後のアタリを見逃しません。

PE3号:400m ハンドル1回転:116cm

シマノ オシアジガー 1500HG

シマノの高性能モデルです。

軽く滑らかな巻き感はアングラーにストレスを感じさせず、ドラグ音にまで演出をしました。

軽量で握りやすいハンドルノブ形状に、高剛性を高めたハンドルクランクはボディとの相性も良くパワーロスの無い巻き上げを可能にしました。

操作性の良いクラッチレバーやサミングスペースは、フォール時のアタリを見逃しません。

PE3号:320m ハンドル1回転:97cm *1501HG(左巻き)

シマノ オシアコンクエスト 300HG

ボディには剛性の高い素材を採用し、ギアやクラッチ部のパーツは全て強化することでカンパチのパワーにも負けない強さを実現しました。

近海でのスロージギングには特におすすめです。

ハイギアとローギアに加えて、301の左巻き仕様もラインアップしています。

PE3号:240m ハンドル1回転:84cm *301HG(左巻き)

まとめ

リールはオフショアでの釣りには欠かせないアイテムです。

その性能は近年向上の一途にあり、各メーカーから毎年新製品が発売されています。

フィールドや対象サイズに合わせたリールが重要になりますので、検討されるジギングリール選びの参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる