MENU

【鮭釣り】アキアジ浮きフカセ用ラインおすすめ6選!選び方も!

アキアジ釣りは、大型魚のシロザケを狙う釣りなので、ラインの重要性が高い釣りです。

魚をかけてもラインが切れればキャッチできないので、大型魚を釣るならラインは最重要ポイントと言っても過言ではありません。

また、浮きフカセは遠投性能が勝負を分ける釣りでもあるので、強度を確保しつつ投げやすいラインを選択する必要もあります。

そこで今回は、アキアジの浮きフカセ釣りのライン選びについて、太さや素材の選び方からおすすめ商品までご紹介します。

タップできる目次

アキアジの浮きフカセに適したラインの選び方

ラインが切れないことは重要ですが、強ければ強いほどいいというものではないので、適材適所選ぶ必要があります。

アキアジの浮きフカセにはどのようなラインが適しているか、選び方のポイントを解説します。

ナイロン・PEの使い分け

主なラインの素材はそれぞれ一長一短なので、特性に合わせた使い分けが重要です。

ナイロンラインは引っ張ると伸びるので、フッキングが甘くなるリスクがありますが、伸びを生かせばバラシにくくなります。

PEラインは細くても強度があるので、飛距離を出しやすく、伸びないのでフッキングが決まりやすいメリットがあります。

反面風に弱いため、強風で海が荒れているときは使わない方がいいでしょう。

なお、フロロカーボンラインは一般的に投げ釣りには使用しませんが、伸びがないので漁港など近距離の釣りでは生きる場合があります。

どれか一つに絞って使うのではなく、状況に合わせたラインチョイスが快適な釣りにつながり、釣果にも影響します。

必要な号数(太さ)

基本は切れない太さのラインを選びますが、最近のリールには優れたドラグがあります。

ドラグはラインに負荷がかかった時に、ラインを放出して切れるのを防いでくれる機能です。

つまり、飛距離や感度に劣る太いラインを使わなくても、アキアジを釣りあげることができるというわけです。

ただし、細すぎるラインはキャスト時のラインブレイクのリスクや、ドラグに頼りすぎて魚が走り、周りに迷惑をかけることもあります。

アキアジ釣りにおいては、ナイロンとフロロなら3~5号、PEなら1.5~3号のラインで対応するといいでしょう。

色付きラインがおすすめ

しっかりロッドに重さが乗るアタリなら問題ないのですが、アキアジのアタリは弱いことが多く、いかにアタリを取るかが釣果を分けます。

ロッドに重さが加わる前に、ラインに動きが出ることもあり、そこでアワセることができれば、よりキャッチ数は多くなります。

とくに風のない漁港で釣るとラインの走りがわかりやすく、場合によってはほとんどがそういったアタリの場合もあります。

カラーラインであればラインの動きが分かりやすいので、そういったアタリを取りやすくなりますし、暗いときもラインを扱いやすくなります。

アキアジの浮きフカセ用ラインおすすめ6選

アキアジの浮きフカセ釣りの特性を踏まえ、おすすめのラインをご紹介します。

ハイスペックなものから、安くても使えるものまでピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

【ヤマトヨテグス】GAIム イエロー 4号 500m

価格と見合わせると十分な使い勝手で、幅広い釣りに使えるコスパのいいナイロンラインです。

投げ釣りはラインの消費も激しいので、十分なスペックがあり、容量が多く安いラインはありがたいでしょう。

カラーラインの発色もよく、とりわけイエローははっきり目視できるので、ラインの走りでアタリを取りたいときにもおすすめです。

【サンライン】CASTEST 投 5号 徳用1000m

投げ釣りのために開発された、ハイスペックでコスパも良好なナイロンラインです。

超高分子量シリコーンを配合し、耐摩耗性を従来品比で200%アップさせ、滑りもいいので飛距離も良好で、フィールド問わず使用できます。

25mごとに色分けされているので、飛距離が分かりやすく、暗い時間もしっかり仕掛けが投入できているか把握しやすくなっています。

【よつあみ】エックスブレイド アップグレード X8 1.5号 200m

世界最高糸質を自称する、ハイパフォーマンスな8本撚りのPEラインです。

PEラインのメリットである直線強度を生かしつつ、最大の弱点になる耐摩擦性を向上し、パワーを生かしたやり取りを可能にしています。

この特性は浮きフカセにはもちろん、キャスティングを繰り返す浮きルアー釣りにも活きるので、両方の仕掛けを楽しみたい方にもおすすめです。

【ヤマトヨテグス】PEサーフファイター 2号 300m

PEラインとしては価格も安く、十分使える遠投用のPEラインです。

伸びが少ないPEラインの特性を生かし、遠投した仕掛けから伝わるかすかなアタリを取る、感度重視の釣りにもってこいでしょう。

4色の色分けで飛距離もわかりやすく、コストを下げつつも、遠投して広く探りたい方におすすめの商品です。

【DUEL】スーパーエックスワイヤー8 2号 200m

価格は安めですが品質が高く、コスパのいいPEラインです。

H.I.P製法により、耐摩耗性アップや、真円性向上による抵抗減、コシがありガイドに絡みにくいなど、PEラインの弱点を補いつつ長所を伸ばしています。

ライトゲームも想定し10mごとの色分けになっているので、漁港など比較的近距離に落とす浮きフカセ釣りでも使いやすいでしょう。

まとめ

浮きフカセ釣りは、スレたアキアジをキャッチするのにも有効な釣りなので、貴重な一匹を逃さないようラインにもこだわるべきです。

素材などラインの特性も踏まえて適切なラインを使い、貴重なアキアジを確実にキャッチしましょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる