MENU

ジグ単アジングロッドおすすめ12選!特徴やメリットデメリットを解説!

味も美味しく強い引き味が魅力の釣りの好ターゲット〝アジ〟

ルアーを使ったアジ釣りの事を〝アジング〟と呼び、その中でもシンプル故に奥深い事で人気のジャンルが〝ジグ単〟という釣り方です。

ジグ単と専用ロッドの性能の解説と、ジグ単用のおススメアジングロッドをご紹介します。

タップできる目次

ジグ単とは

ジグヘッドとワームのセッティングのみでアジングを成立させる釣り方がジグ単です。

使用するジグヘッドは1gを基準にアジの状況に応じて使い分けます。

また、アジの活性や食性によってワームの色や形状を使い分けるシンプルながら戦略性の高い釣り方が多くの釣り人を虜にしています。

その日の最適解を模索するには小さいジグヘッドの操作性と、アジの微細なアタリを敏感に手元に伝えてくれるロッドの存在は不可欠でしょう。

ジグ単に適したアジングロッドを使うメリット・デメリット

メリット

ジグ単は小さいもので0.5gを下回るジグヘッドに極小のワームをつけますので、使用するアジングロッドには〝繊細さ〟が求められます。

また、小さいとアタリが小さく、大きいと口切れを起こしやすいアジを無事にランディングできるように〝しなやかさ〟も併せ持つ専用ロッドが最適です。

デメリット

大型のアジが高活性で盛んにイワシやキビナゴなどの小魚を捕食しているシーンでの釣果はワームよりハードルアーに軍配が上がります。

しかし、ジグ単に特化したアジングロッドは繊細過ぎるがゆえに、汎用性の高いロッドに比べるとハードプラグの使用感が劣ってしまうでしょう。

ジグ単アジングロッドの選び方

長さ

ジグ単に使用しやすいアジングロッドは5ft~7ftのモデルです。

それぞれ長さに応じて使用しやすい釣り場が違います。

足元に近い常夜灯下や船着き場のロープ付近での使用では、障害物が多いので操作しやすいのが短い5ft前後のモデルが使い易いでしょう。

逆に少し遠くの潮目から小魚を追っている場合などは、遠投が必要になるので長めの7ftくらいのロッドが使いやすいです。

適合ライン

小さいルアーを使うので使用するラインは細い方が断然有利です。

特に飛距離が出て伸縮せずダイレクトにアタリを手元に伝える〝PEライン〟はアジングの釣りの幅を広げてくれます。

ジグ単アジングロッドの適合PEラインは0.2号~0.8号が良いでしょう。​​​​​

適合ルアーウェイト

適合ルアーウェイトの幅が広い方が高いゲーム性が出て釣りの奥行きが広がります。

日中の深場にいるアジを狙う場合は、重いジグヘッドが有利に働きます。

逆に、夜間の常夜灯周りの表層にでてくるアジには軽いジグヘッドが効果的です。

表層と中層まで幅広く狙える、0.5g~10gぐらいの適合ウェイトの竿がおススメです。

ジグ単アジングロッドのディップ(穂先)の種類

ソリッドディップ

ソリッドディップとは穂先の中身が詰まっている穂先の事です。

ソリッドディップは、ただ巻きアクションやリフト&フォール時に軽量のジグヘッドの位置を手元に伝える感度の良さが極小のジグヘッドを使用するジグ単向きです。

また、粘りがあるのでアジの口切れを防いでくれます。

チューブラーディップ

中身が空洞の素材で出来ている穂先はチューブラーディップと呼ばれています。

チューブラーディップは弾性があり、ルアーにトリッキーなアクションをつけやすいのが特徴。

スレたポイントでリアクションバイトを誘発させたい時に向いている穂先です。

安いジグ単アジングロッドおすすめ4選

【PRO TRUST】BATTLE AXE AJINGバトルアックスアジング BAJ-642

5000円以下の安価なモデルながら長さが6.6ftと汎用性の高い長さで、適正ルアーウェイトが0.5g~8gと幅広いのが魅力のモデルです。

また、穂先の感度もよくフッキングが決まりやすく、竿全体に粘りがあるのでアジの口切れによるフックアウトを軽減してくれます。

入門用としておススメのモデルです。

【遠里釣具】フライデー アジ&メバル 73ML

沖にいるアジを狙うにはもってこいの遠投が効く長さの7.3ftのアジングロッド。

また、0.8gから10gまでの適正ルアーウェイトは幅広い層にいるアジに効果的です。

竿のやや真中よりに曲がるミディアムライト特有の竿全体がアジの力をいなしてくれるのでフックアウト率を軽減してくれる頼もしいモデルです。

【PRO MARINE】ロッド ライトエースアジメバル76ML

適正ルアーウェイト0.8g~10g、長さ7.6ftと重いルアーを長い竿で投げられるので沖にいるアジを狙えるアジングロッドです。

また、グラスファイバーとカーボンの長所が合わさった〝グラスコンポジット〟なのでグラスファイバーの粘りとカーボンの反発性があり、使い易いでしょう。

価格も3000円以下とお手頃です。

【OGK】アジングショット2

0.3gのジグヘッドが投げられる5ftのショートレングスロッドなので、竿の短さを利用した漁港でのジグ単アジングに〝おあつらえ向き〟のロッドです。

船回りを始めとした障害物回りの明暗に群れているアジを狙うのに非常に使い易いでしょう。

価格も3000円台と安く優れたロッドです。

コスパが良く人気なジグ単アジングロッドおすすめ4選

【メジャークラフト】ファーストキャスト FCS-S642AJI

コスパの良さが人気のブランド〝メジャークラフト〟のアジングロッド。

メジャークラフトらしく0.6g~10gまでの幅広いルアーが扱え、適応PEラインは0.1号~0.6号と極細も扱える本格派です。

初心者はもちろん、中級から上級者まで幅広く満足でるジグ単に向いたアジングロッドです。

【メジャークラフト】アジングロッド スピニング 3代目 クロステージ アジング CRX

穂先の感度が良い〝エクストラファスト〟なので微細なアタリを手元に伝えてくれます。

また、ホワイトに塗装された穂先は夜釣りの際に高い視認性を実現しているのでライントラブルを軽減してくれます。

ブランクスはネジレに強い〝マイクロピッチクロスフォース〟が施されているのでトルクがありシーバスなどの大型の外道がヒットした時にも安心です。

【Abu Garcia】ライトゲーム スピニング ロッド ソルティースタイル STCS-554LS-AY

常夜灯周りや障害物回りで使い易い5.5ftのショートレングスで、0.2g~5gの適正ルアーウェイトはジグ単用として最適なモデルです。

パステルイエローカラーは、オシャレで夜間も視認性が高く微細なアタリにも反応しやすいのはもちろん、ライントラブルも軽減してくれるでしょう。

また、穂先の感度が良いエクストラファストなので水中のルアーの動きを把握しやすいのも魅力です。

【Abu Garcia】アジング ロッド スピニング ソルティーステージ アジング STAS-632MLS-KR 2ピース アジ

基本性能はジグ単アジングに不足なしのスペックのモデルです。

価格は1万円代ながら、自重100g未満の軽量、ライントラブルを軽減する小口径ガイド、トルクの効く頑強さを実現する〝Xカーボンテープ〟が施されています。

高い次元でジグ単アジングにフィットしたモデルなので、強くおススメします。

高級ジグ単アジングロッドおすすめ4選

【DAIWA)】アジングロッド 月下美人A65L-S・Y

兎に角細い穂先のソリッドディップのもたらす感度は他にはないこのアジングロッド最大の特徴です。

また、自重が56gと持っている感覚すら忘れる軽さを併せ持っているので、アジのひったくるようなバイトは確実にモノにできるでしょう。

それどころか小さいフグやカワハギのバイトすら容易くフッキングできるポテンシャルは一度使ったら離せません。

【SHIMANO】アジングロッド ソアレ エクスチューン S604L-S

自重65gの極軽量、非常に細いロッドですが素材が強度の高いマッスルカーボンを採用、さらに強度を強める加工方法〝スパイラルX〟が施されているので見た目では想像し得ない強度があります。

使い心地は細く繊細ながら、大物がかかっても頼りになるポテンシャルの高さは流石ハイエンドモデルと言えます。

【ドリームアップ】ドリーム コン スリー 62L 菫 (すみれ)

ソリッドディップが水中のルアーの動きとショートバイトをよどみなく手元に伝えてくれるまるで〝触覚〟のような異次元の感度のロッド。

また、フッキング後はシッカリと竿全体で力をいなす力点の変化が秀逸で、豆アジからギガアジまで高レベルで対応できるアジングロッドです。

【34】アドバンスメント FPR-55 F-tuned

小型のアジの繊細なアタリも、口切れの多いギガアジの引きも、全て対応できる感度としなやかさを高次元なレベルで併せ持ったアジングロッドです。

カーボンソリッドロッドとは思えない非常に良く曲がる柔軟性が、この性能を実現しています。

特にベテランアングラーに愛されるロッドです。

まとめ

突き詰めるほどに奥が深くなる〝ジグ単〟は、経験を積むほどに感度と柔軟性などのポテンシャルをロッドに求めてしまうジャンルの釣りです。

本稿を参考に初心者用の安価なロッドで腕を磨き、ハイエンドモデルを使用する高みを目指してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる