MENU

アジング用フィッシュグリップおすすめ12選!魚つかみバサミを厳選!

アジングはさまざまなルアーでアジを狙う人気のルアーフィッシングです。

アジングでアジが釣れたときには、安全にアジをつかむためにフィッシュグリップを使用することをおすすめします。

フィッシュグリップは魚ばさみとも呼ばれるアイテムで、各メーカーからリリースされています。

そこで今回は、アジングアングラーにおすすめのフィッシュグリップを紹介します。

選び方についても詳しく解説するので、ぜひご参考にしてください。

タップできる目次

アジングでフィッシュグリップは必要?

アジングでフィッシュグリップは必要なアイテムで、鋭いヒレやゼイゴがあるアジを安全につかむのに役立ちます。

釣り上げたばかりのアジを素手でつかむと暴れ、鋭いヒレやゼイゴが手に刺さり、怪我をしてしまう危険性が高いです。

そのため、釣り上げたアジをつかむためにはフィッシュグリップを使用するようにしましょう。

フィッシュグリップはアジングのようなルアーでのライトゲーム向けに作られた商品も数多く販売されています。

アジングでフィッシュグリップを使うメリット

素手でアジをつかむ必要がなくなる

フィッシュグリップを使用するとアジを素手で触る必要がなくなり、怪我防止につながります。

また怪我だけでなく、手にアジのヌメリやニオイがつけることを避けられ、タックルを汚してしまう可能性を下げられます。

さらに、手にヌメリがつかなくなるとロッドをしっかりと握れるようになり、タックルを落としてしまう可能性も軽減できます。

手返しが良くなる

フィッシュグリップを使用するとアジを素早くつかみ、針外しまでスムーズにできるので、手返しがよくなります。

手返しが良くなるとアジの群れが入ったきたタイミングを逃さなくなり、より数釣りを期待できます。

アジの時合いは一瞬で終わることも多いため、時合いを逃さないと厳しい状況でもアジを安定して釣れるようになります。

アジングに適したフィッシュグリップの選び方

形状

アジングでは魚の胴体をつかむ、トングやプライヤーのような形状をした魚ばさみタイプがおすすめです。

トングのような形状をしたフィッシュグリップはアジ以外にもさまざまな魚に対応できる汎用性が魅力といえます。

一方、プライヤー形状のフィッシュグリップは軽い力で魚をホールドできるため、女性やお子様でも使用しやすいです。

素材

魚ばさみタイプのフィッシュグリップには、金属製とプラスチック製があります。

アジングにはプラスチック製のフィッシュグリップがおすすめです。

プラスチック製のフィッシュグリップは軽量で、変形しにくい魅力があります。

またプラスチック製は錆びの心配がないため、長期間愛用できる点も魅力的です。

機能

フィッシュグリップにはカラビナが標準装備になっている商品や、ホルダーがついている商品があります。

アジングはランガンの釣りになるため、カラビナやホルダーがついていて携帯性に優れた商品は最適といえます。

より機能面に優れた商品を購入したい場合は、フィッシュグリップ本体だけでなく、装備品にも注視しましょう。

アジング用フィッシュグリップおすすめ12選

【第一精工】ワニグリップミニMC+ホルスター

アジング用のフィッシュグリップといえばワニグリップといっても過言ではないほど、人気があるおすすめの商品です。

ホルダーとカラビナが標準装備されたモデルは、バッグやベルトに取り付けて持ち運べる魅力があります。

またスパイラルコードも標準装備されているので、落としたり、失くしたりしてしまう可能性を下げられます。

【第一精工】ガーグリップMCカスタム

ワニグリップと並んでアジングで人気が高いフィッシュグリップといえばこのガーグリップです。

カラビナが標準装備されていて、かつベルトに装着できるハンガーも装備されているので、持ち運びに便利といえます。

また強度が高い特徴があるため、アジだけでなく、タチウオ、メバル、マダイにも対応できる点も魅力的です。

【第一精工】ワニグリップ エアー

第一精工が販売している超軽量で、高強度を実現したおすすめのフィッシュグリップです。

素材にはカーボン繊維強化プラスチックを採用し、錆びずに長期間愛用できる魅力があります。

グリップの奥まで魚が入らない形状となっていて、アジが暴れても手にヒレやゼイゴが触れにくく、安全にホールドできます。

【ドレス】フィッシュグリップ ディノグリップラプター

ライトゲームで人気が高いドレスが販売するプライヤー形状で、扱いやすいおすすめのフィッシュグリップです。

ヌメリが溜まりにくい形状の牙に設定されているため、繰り返し使用しても滑らずにしっかりとアジをホールドできます。

グリップにはケミホタル50を装着できるので、夜間に使用するときの紛失防止に役立ちます。

【ドレス】フィッシュグリップ ディノグリップ

ドレスが販売するトング形状でコンパクトに持ち運べるおすすめの商品です。

グリップの開閉をロックできる設計になっていて、ロックした状態だと非常にコンパクトで、収納にスペースを取りません。

またフィッシュグリップとしてはもちろん、ウロコ取りとしても使用できるので、持っておくと非常に役に立ちます。

【グローリーフィッシュ】フィッシュグリップスライド

コスパに優れた商品を数多くリリースしているグローリーフィッシュが販売しているトング形状のフィッシュグリップです。

1000円前後と低価格に設定されていながら、カラビナがついているので、バッグに引っ掛けて持ち運べます。

また魚をつかむ刃はギザギザとしていて、アジを滑らずにしっかりとホールドできます。

【H.B コンセプト】お魚ばさみ

低価格なフィッシュグリップを購入したいと考えているアングラー必見の魚ばさみタイプのフィッシュグリップです。

作りがしっかりとしていて耐久性がありながらも300円で購入できるため、非常にコスパに優れているといえます。

アジ以外にもヒレが鋭いカサゴやメバル、また鋭い歯を持つタチウオをホールドするためにも役立ちます。

【サーティーフォー】HMグリップ

アジングアングラーから絶大な人気を誇るサーティーフォーが販売する最強のアジング用フィッシュグリップです。

重量が非常に軽量で持ち運びが楽なだけでなく、操作性が非常に高いので、アジをつかみやすい仕上がりとなっています。

また歯の滑りにくさも抜群に良いので、アジをしっかりとホールドできます。

【ダイワ】フィッシュホルダー ライトゲーム

アジングやメバリングといったライトゲーム向けに作られたおすすめのフィッシュグリップです。

使いやすさはもちろんですが、最大の特徴は水に浮くことで、不意に海に落としてもタモで回収できます。

また先端が細くなっているので、アジングで大型の外道がヒットしても口をつかんで安全に針外しが可能です。

【ダイワ】フィッシュホルダー240C

ダイワからリリースされているプライヤー形状のフィッシュグリップで、使い勝手が良いおすすめの商品です。

魚を傷つけにくく、かつ高いグリップ力を実現したオリジナルのギザ歯を採用しています。

またグリップは肉抜きがされていて軽量で、かつ手が小さい人でも握りやすくしっかりとホールドできる魅力があります。

【シマノ】ライトフィッシュグリップ ミニ

トング形状のフィッシュグリップで、つかんだアジをがっちりとキープできるおすすめの商品です。

フィット感が高く、滑りを防止できるデザインでつかんだアジが暴れてもホールドしやすい魅力があります。

またワンタッチで開閉をロックできる機構が採用されているので、使用した後は素早くロックして次のアジを狙えます。

【オルルド釣具】ツマムドA

コスパに優れた商品を数々販売し、近年注目を集めているオルルド釣具の商品です。

強化樹脂を採用し、軽量かつ強度が高い特徴があります。

アジの胴体をつかむのはもちろん、シーバスやクロダイの口に先端を入れてホールドすることも可能です。

またグリップエンドにはロック機能がついていて、ロックするとコンパクトに持ち運べます。

まとめ

今回はアジングにおすすめのフィッシュグリップを紹介しました。

アジングでは安全かつ数釣りをするうえでフィッシュグリップは必須のアイテムです。

フィッシュグリップを導入し、安全にアジングを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる