9ftのシーバスロッドおすすめ14選!9フィートロッドの特徴とは?ベイトロッドも紹介!

普段、港湾部や小〜中型河川でのシーバスフィッシングを楽しんでいる方も、大型のシーバスやランカーサイズのシーバスを狙いたくなるもの。

そうなってくると必要なのは、9フィート台の長めのロッドを使用したサーフでのウェーディングや、ロングキャストを伴うオフショアでの釣行となります。

今回はそんなシーンに適したおすすめの9ft台のシーバスロッドを、スピニングロッド・ベイトロッド合わせて14選してみました。

9ftのシーバスロッドの特徴やメリット・デメリット

おすすめをご紹介する前にまず、9ft台のシーバスロッドについてその特徴や使用するメリット・デメリットについてです。

特徴

ロッドの長さがある為、ロングキャストで広範囲を探る釣り方が基本となるサーフや中〜大規模河川などで使用し易いロッドです。

また、9ft前半のロッドは漁港などテイクバックの際に障害物の少ないフィールドでも使用可能なロッドとなっています。

メリット

長いロッドを使用する何よりのメリットはロングキャストが出来る事につきます。

しなりの良いL〜ML辺りのロッドが多くリリースされており、選択の幅が広いのも利点です。

適合ルアー重量も軽いソフトルアーから重めのバイブレーション、メタルジグまでとロッドにより様々な対応がある為、自分の釣り方にあったルアーを十分に選択出来るところも良い点です。

デメリット

9ft台のロッドともなると折りたたみ寸法が1.3m程になる為、持ち運びが少し手間になります。

また、テイクバックする際に障害物などがあると充分なルアーキャストが出来ないので使用するフィールドが限られてしまうのが大きなデメリットです。

サーフでの釣行には適していますが、ウェーディング時には水面が近くなることからテイクバックが十分に取れない事もあり、注意する必要があります。

他にも物理的に風の影響も受け易く、予期せぬ強風の時などは釣行を考えなくてはならないなど、ロッドが長い故の悩みの種がある事を念頭に置いて釣行に臨むことが必要です。

9ftのシーバスロッドおすすめ14選

以上を考慮した上でおすすめの9ft台のシーバスロッドを14選ご紹介します。

【ダイワ】ラテオ R(96ML)

同メーカーのハイエンドモデルにも使用されている「エアセンサーリールシート」などを搭載し、高い性能と軽量化を施したロッドです。

軽く強いだけでなく、ルアーをキャストした際にラインの放出に対してラインを傷つけにくいガイドも採用しており、非常に釣行し易いロッドとなっています。

【メジャークラフト】ファーストキャスト シーバス(FSC-902ML)

手頃な価格ながらも適合ルアー重量が10〜30gと幅広く、長さも9ftと使い勝手の良いロッドです。

ミノーからバイブレーションまで様々なルアーが使えるので初心者用のエントリーモデルとして、とても優秀なコスパを見せてくれるロッドとなっています。

【ダイワ】クロスビート SW(907TM)

長いロッドの携行性を解消してくれる振り出し式のロッドです。

もちろん9ft台のロッドとしても十分な性能があり、ロングキャストも楽々とこなしてくれます。

モバイルロッドと侮らず、優秀なサブ機として携行出来るコンパクトなスピニングロッドです。

【シマノ】フリーゲーム(S90-ML4)

シマノからも取り回しに優れた振り出し式のスピニングロッドがリリースされています。

とてもこのタイプのロッドとは思えない、素晴らしいしなりを見せるブランクスは同メーカーの技術力の高さの賜物です。

堤防などでの釣行に適した柔らかめのロッドになっています。

【シマノ】ルアーマチック(S90ML)

シーバスのエントリーモデルとして必ず名前の挙がるのがこのロッドです。

気軽に購入出来る安さと、安定した性能が人気を呼ぶ要因となっています。

サーフでの使用をメインとした設計をされていますがその汎用性はルアーやフィールドを選ばない幅の広さです。

【シマノ】ディアルーナ(B96ML)

極軽量のルアーからバイブレーションに至るまで抜群のルアー適合を誇り、テクニカルなルアーアクションも可能にする優れたブランクスのベイトロッドです。

ファーストテーパーなのでシーバスがバイトした際にもルアーを弾きづらく、フッキングした大型シーバスの引き込みに動じない強さを持った頼りになるベイトロッドになっています。

【アブガルシア】クロスフィールド(XRFS-902ML)

アングラー人気の高いクロスフィールドシリーズの中でも、サーフで特に使い易いロッドとなります。

引き波やシーバスがヒットした際の強い負荷に耐える弾性は、不意にフッキングしたフラットフィッシュなども力強くランディングまで持ち込めるので、慣れない初心者も安心して釣行の出来るロッドです。

【メジャークラフト】トリプルクロス シーバス(TCX-962ML)

他メーカーではハイクラスに位置するブランクスやガイドの性能を惜しみなく低価格帯のロッドに注ぎ込んだ、メジャークラフトらしさのあるロッドです。

結果として圧倒的にコスパの良いロッドとして多くのアングラーに愛されています。

フルキャストした時にラインの放出抵抗が少なく、予想以上のロングキャストが可能です。

【メジャークラフト】3代目クロステージ シーバス(CRX-962ML)

細身のグリップで握りやすさとロッドの操作感を向上させ、ルアーのキャスト精度や長時間の釣行の負担を軽減させる点が優秀なロッドです。

シリーズ通して大人気なロッドですが、9ft後半という長さはフッキング後のシーバスを根や落ち込みに走らせず動きを抑え込むことに適しています。

それでいて価格も低価格であり、とても良く完成されたロッドです。

【メジャークラフト】2代目ソルパラX シーバス(SPX-902ML)

柔らかく粘りのあるブランクスと、7〜23gまで使用可能な適合ルアー重量でバランス良く設計されているロッドになります。

比較的ライトなルアーを使用する河川でのシーバスフィッシングに向いている他、ウェーディングなどでもしっかりとしたパフォーマンスを見せてくれるロッドです。

【ダイワ】リバティークラブ シーバス(96ML)

少々本体が重めのロッドですが、逆並継になっているブランクスのジョイント部が大型シーバスのヒット時には綺麗なロッドのしなりを生み、余計な力を逃してくれる設計になっているロッドです。

使用可能なルアーの幅も広く、確実にシーバスをランディングしたいアングラーにおすすめします。

【ダイワ】モアザン エキスパートAGS(94LML)

言わずと知れたダイワのシーバスロッドのフラッグシップモデルです。

軽さ・タフネス・適合ルアー重量とバランス良く設計されている他、ロッドの操作性に至るまでダイワの技術の全てが詰まっていると言っても過言ではありません。

キャストフィールも実に軽く、サーフエリアなどで強力なパートナーとなってくれます。

【シマノ】ルナミス(S96ML)

アングラーのロッドアクションにストレスなく即座に反応してくれる操作性の良さが際立つロッドです。

上位機種にも搭載されている各種技術が盛り込まれており、コスパが良い仕上がりとなっています。

ロッド全体がパワーと感度を意識して作られているので、ルアーキャストとコントロールに慣れた中級者でも満足出来る優良ロッドです。

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X シーバス(SXSS-962ML-CMG)

ルアーをキャストした時のロッドの振り抜けが良く、余計なタメの少ないロッドです。

攻めるポイントの多いフィールドでは効率良くキャストを繰り返せる為、釣果に繋がり易い利点があります。

サーフでもフッキングした魚の強力な引きや離岸流にも負けない強いしなりをするロッドなので、大型シーバスを狙うアングラーに愛用されているロッドです。

まとめ

使用するシーンが限定されるものの、その代わりに使いこなす事で十分な見返りを得られるのが9ft台のシーバスロッドだと思います。

使用に適した広大なフィールドを今回おすすめしたロッドで是非、攻略してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました