7ft台のシーバス用ベイトロッド10選!特徴やメリットデメリット、飛距離などを紹介!

初心者から釣り慣れている方まで気軽にシーバスフィッシングを楽しめるロッドが7ft台のロッドです。

リバーゲームからボートシーバスまで幅広く使える万能な長さになるので、フィールドを問わず使い回せる取り回しの良さも魅力なシーバス用のロッドを、今回はベイトロッドに厳選しつつ、その特徴や飛距離などのご説明も合わせてご紹介します。

7ft台のシーバス用ベイトロッドの特徴

7ft台の長さは「ショートロッド」と呼ばれる分類に属するロッドになります。

取り回しや携行性が良く、とても使い勝手の良い長さのベイトロッドです。

メリット

ロッドの長さが短いのでロッドが操作し易い事や、ルアーをキャストした際のブレの少なさから精度の良いキャスティングでき、ルアーアクションなどを繊細に行えるという点から、特にボートシーバスなどでストラクチャー周りや橋脚を狙ったりするのに適したロッドです。

初心者にも比較的扱い易く、ピッチングやフリッピングなどのテクニックも使えるため、シーバスフィッシングの入門にも向いています。

デメリット

足場の高さや水深などの釣り場を苦手としている所もあり、そういったシーンではある程度アングラーの技術でカバーする必要があります。

また、ロッドが短いが故にルアーをキャストした際の飛距離が出にくいのも弱点です。

サーフや大規模河川など、オープンスペースでポイントが遠い場合は狙った場所にルアーを撃ち込みづらいでしょう。

しかしながら、そんなデメリットを踏まえても7ft台にロッドは今後シーバスフィッシングを始めようとする方には利点が多いのでおすすめ出来るロッドとなっています。

7ft台のシーバス用ベイトロッド10選

以上を考慮した上でおすすめする7ft台のシーバス用ベイトロッドを10選してご紹介します。

【ダイワ】シーバスロッド モアザン エキスパートAGS(711MLB)

ダイワのシーバスロッドでは最も有名なフラッグシップモデルのベイトロッドです。

特に河川や港湾部での使い勝手が良く、流れやショートバイトなどの感度がダイレクトに手元に伝わってきます。

ヒット後のやり取りも非常にパワフルなので、暴れ回るシーバスでもアドバンテージを取りながら押さえつける事が可能です。

ラインの放出抵抗にも対策がされているので、ベイトタックルを安心して使いこなす事が出来るロッドとなっています。

【アブガルシア】クロスフィールド(XRFC-704M-MB)

4本継ぎのモバイルロッドですが、性能とコスパは抜群です。

継ぎ目にガタなどもなく、フッキング後のしなりも綺麗に曲がってくれるので無駄な力が掛かりにくくなっています。

初心者でも使い易い硬さのロッドですので、ルアーキャストからランディングまで誰でも比較的容易に行える点も優秀です。

何より携行性が良い為、サブ機としてフィールドに持ち込むのにも適しているロッドになります。

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X シーバス(SXSC-71M-GJ-KR)

キャスト性能の高さとロッドの柔らかさで重めのルアーを使用した際の使い心地が良いロッドになります。

岸ジギなども楽しめるので港湾部や河川での釣行の他、漁港などのフィールドも守備範囲に収まっており、幅広く使用可能なロッドです。

壁に沿ったルアーキャストも精度良く撃ち込めるので、狭いフィールドでも活躍してくれます。

アングラーのテクニックをそのまま反映してくれるロッドとして非常に頼りになる1本です。

【シマノ】ベイトロッド ルナミス(B76MH)

ミドルクラスのベイトロッドとしておすすめするのが、シマノからリリースされているルナミスのベイトロッドです。

価格に満足いくだけの性能があり、ガイドからブランクスに至るまで各パーツの随所にシマノの技術が盛り込まれています。

キャストフィールも軽く、振り抜き易いロッドの性質と合わさって気持ちの良い釣行が楽しめるロッドです。

よりショートロッドでのシーバスフィッシングを楽しみたいと考えている中級者にも使い甲斐のある一振りになっています。

【ダイワ】モバイルパック(705TMHB)

振り出し式の万能型ロッドとして人気の1本ですが、ベイトタイプもその流れに恥じない性能があります。

小さなアタリを感じ取れるロッドの硬さながら、ミノーなどもしっかりキャスト出来る粘りがあるので通常の釣行で困るようなシーンはありません。

握りやすいグリップと軽量さで長時間の釣行でも負担が少なく、携帯性からもビギナーの方にうってつけのロッドです。

【アブガルシア】クロスフィールド(XRFC-702M)

前述しているクロスフィールドの一般的なベイトロッドです。

長さも7ftと扱い易く、価格帯も手頃で購入し易い値段に設定されているのでエントリーモデルとして手に出来るリーズナブルさが優秀なロッドになります。

ブランクスはねじれにも強く耐久性もある為、シーバスフィッシングの心強いパートナーになってくれる1本です。

また、ロッドの粘りによりフッキング後のやり取りが容易なので、スレ掛かりしたシーバスなどの強烈な引きにも柔軟に対応してくれます。

【シマノ】ディアルーナ(B76MH)

性能の良さに定評のあるシマノからリリースされたシーバスロッド「ディアルーナ」のベイトロッドです。

軽量で高感度なブランクスはシーバスのショートバイトも逃しません。

長さは7ft後半になりますがそれを感じさせないルアーコントロール性能の良さは、同メーカーの技術力の高さを証明しています。

この1本があれば大抵のフィールドはカバー出来てしまうので、実用性の高いロッドです。

【Goture(ゴチュール)】Allomer(702MC)

とにかく格安のシーバス用ベイトロッドを購入したい方におすすめするロッドです。

グリップがロンググリップな為、ロングキャストを必要とするフィールドを釣行する際に威力を発揮します。

ショートロッドなのでオープンスペースの広大なエリアでは飛距離の予想を裏切られることも考えられますが、港湾部や中規模河川などでは有用なベイトロッドです。

【メジャークラフト】3代目クロステージ(CRX-732H/B)

ボートシーバス用のベイトロッドですが感度の良さが優れている為、スレたフィールドでも小さなアタリを敏感に手元に伝えてくれると言うアドバンテージがあるので使い易いロッドです。

長さもバランスの良い7ft弱なので、軽いルアーからバイブレーションに至るまで汎用性に富んだルアーを使用出来ます。

ロッド自体の価格も手頃で、多くのアングラーに支持されているベイトロッドです。

【シマノ】エクスセンス(B703ML/F)

7ftのベイトロッドながら適合ルアー重量が35gまでと、強靭なブランクスとねじれや潰れに対する強さを持ったロッドです。

軽量かつライントラブルの少ないガイドもルアーの飛距離を出すのに一役買っており、ロッドを振り抜いた時のキャストフィールは心地良いラインの放出感があります。

不意な大物のヒットにも動じる事なく互角のファイトが可能なので、河口などでも十分なパフォーマンスを発揮してくれるはずです。

まとめ

言うまでもなく今回ご紹介したベイトロッドはセットでベイトリールがタックルとなる為、いざ釣行と意気込んだもののバックラッシュでなかなか釣りが楽しめない事もあります。

大物をランディングするために、タックルの日頃のメンテナンスやテクニックを磨いて良い釣果に繋げて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました